CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    〜3.11に寄せて〜
    0

      あれから2年が経つのですね。
      One world プロジェクトも3年目の活動を迎えようとしています。
      引き続き細々とではありますが、ウィッグや帽子を東北のがん患者さんへお届けをさせて頂いています。私は鹿児島からやれることしか出来ませんが、こちらで作ったタオル帽子や頂いたウィッグを送らせて頂きます。
      東京ではたくさんのボランティアさんが発送作業に従事してくださり、心から感謝しております。
      東北の医療機関でタオル帽子やウィッグが、医療者の皆さんと患者さんをつなぐ架橋になっているというお話も伺いました。
      一瞬のぬくもりかもしれませんが、東北にいらっしゃる治療中のがん患者さんの心がほっこりとしてくださったらいいなと思います。
      引き続き、お体にはお気を付けてお過ごしください。
      <三好綾>

      少しずつですが、活動が継続できていることに感謝しております。
      関わっていただいているボランテイアのみなさま、ご提供いただいたみなさま、関係団体のみなさま、本当にありがとうございました。
      また、ウィッグや帽子をうけとっていただいた地域の医療機関のみなさま、そしてそれを有効活用いただいている東北地方および近隣の患者さん、ありがとうございました。
      <佐治重衡>

      あの日から2年。
      傷が癒えるには決して充分な時間とは言えません。復興もまだまだ途上、先の見えないなか、がんの治療を続けておられる方、あらたにがんが見つかった方、きっとお身体のことだけでなく、精神的にも経済的にもしんどい想いをしてらっしゃる方が少なからずおいでのことと思います。
      そんな皆さんの支えになろうとスタンバっている人たちが東北各地の病院、市町村にたくさんおいでです。ワンワールド・プロジェクトを通して、私自身、そのことを知りました。
      プロジェクトがお送りしてきた全国から寄せられた支援物資を、困っていたり、気落ちしたりしてらっしゃる患者さんに少しでも笑顔を取り戻していただくきっかけ、小道具として利用して、患者さんに寄り添ってくださる医療機関の皆さん。タオル帽子作りなどを通して患者さんを支えようと地道な活動を続けてらっしゃる皆さん。
      患者さんがそうした方たちと出会い、つながることで、少しでも気持ちが軽くなりますように。
      プロジェクトにご協力くださっている全国の皆さん、ボランティアさん、日本対がん協会およびアデランスさんに、あらためてお礼を申し上げるとともに。引き続いてのご支援をお願いいたします。
      <寺田真由美>

      あの日から、もう2年。
      岩沼に今日は居ます。
      あの日、私が調剤させて頂いた方は、どうしているだろう?
      ウィッグをお渡しした方は、どうしているだろう?
      最近、良く考えます。
      一見、復興が進んでいる様に見えます。昼間は笑って、夜泣いてんだって、仰っていた方の言葉が、今改めて思い起こされます。
      仮設住宅は、そろそろ退去時期が来ているため、生活の場をまた探さなければならない方も、沢山居ます。
      だから、これからが、本当の正面場の様な気がします。
      ワンワールドを通して、これからも東北魂!で、頑張ります。
      皆さんに感謝して。
      合掌
      <北村奈央子>

      2年前の11日は病院で過ごしました。
      <一体、何が起きているのか・・・>
       
      昨年の11日はシンディローパーと東北へ向けて大合唱しました。
      <あなたが道に迷う時も きっと私が見えるはず、どんなに時が経っても>
       
      今年の11日はジャーニーと東北へ向けて大合唱しました。
      <信じることを  やめないで、自分を裏切らないで>
       
      ひとりではないということを、この活動を通じて、改めて教えて頂きました。
      世界もこの日を忘れません。合掌。
      <桜井なおみ>

      (メッセージは到着順。届き次第、さらに追加させていただきます)

      | 事務局よりお知らせ | 08:46 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      第七次募集のお知らせ ヘ(^o^)/
      0

        ■第七次募集期間:2013年5月20日(月)〜24日(金)


        事務局・寺田です。

        あと2週間足らずで震災から丸二年になります。

        第六次募集で全国から送っていただき、東京で管理していたカツラたち、
        次々に東北の地へ旅立っていき、残りがわずかになってきました。

        −−復興がゆっくりとしたペースでしか進まないなか、
        あらたにがんを告知された患者さんたちが、病院へいらして、
        カツラや帽子を手にして笑顔になられます、
        残りが少なくなってきたので、もしまだ在庫があれば送ってもらえますか、と
        各地の病院からご連絡をいただき、そのつど発送しています。

        また、震災時の経験・取り組みと合わせて、
        ワンワールド・プロジェクトの支援物資配布の活動が、
        少しずつですがさまざまな場で紹介されています。

        カツラや帽子にがん患者さんの笑顔を取り戻す力があることを
        私たちもあらためて学ばせていただきました。
        私たちにできることは限られていますが、
        活動が紹介されることを通して、形を変えてでも
        こうした取り組みが全国に広がるといいなぁと思っています。



        さてさて、第七次支援物資募集の日程が決まりました。

        再び皆さまからの温かいご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

        気仙沼帽子.JPG

        (宮城県の病院で看護師さんらが手作りなさったタオル帽子)

        ■第七次支援物資募集要項

        ■募集期間:5月20日(月)〜24日(金)


        ※仕分け・発送作業は、有志の発起人と協力者によるボランティアで行っています。日本対がん協会のご厚意で作業場所は提供していただいていますが、物資受け付けを常時行える状況になく、募集期間が短くなっています。なにとぞご了承ください。

        ■印刷用の募集要項(PDF)
        周囲の方へのお知らせにご利用ください。切り取って使えるタグ付き。
        http://www.gan-support-kagoshima.com/vol07.pdf


        ■送付先
        〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン13F 
        公益財団法人日本対がん協会内 One Worldプロジェクト宛
        電話:03−5218−4771

        ※お送りいただいた品はすべてこちらで一度開封して確認します。開封しやすい状態で、あまり厳重に梱包せずにお送りください。

        ■募集内容

        • 医療用カツラ (送付にあたってのお願い事項→下記を要参照)
        • 付け毛 (帽子に付けて使うタイプ)・内帽子(付け毛+ネット)
        • カツラ用ケア用品
          シャンプー・リンス類(新品・未開封に限る)、アンダーネット(洗濯済みのもの)、組み立て式スタンド、ブラシ(新品、もしくは傷み・汚れのないもの)など。
        • ケア帽子
          タオル製、綿ジャージ製、プリント地・バンダナ製など。手作りを含め新品のもの。あるいは洗濯済みのもの。
        • 春夏向けグッズ
          帽子(カツラの押さえにかぶれるような深めの帽子)/日焼け防止グッズなど。手作りを含め新品のもの。


        ※ご遠慮いただきたい品

        • 部分カツラ(頭頂部増毛用)・エクステンション
          髪色やスタイルが合う方が限定されて、フィッティングが難しいため。
        • つばのあるような一般的な帽子
          麦わら帽子、幅広のつばがあるような帽子、野球帽など、かさばって保管場所に苦慮するもの、浅めでウィッグの押さえに使いづらいものはご遠慮ください。ただし付け毛を付けたお出かけ帽子は例外的に募集します。
        • ヘッド状のスタンド
        • タオル帽子用のタオルについては、前回かなりの数を頂戴できたので、今回は特に募集はいたしません。


        医療用カツラの送付にあたってのお願い事項

        ◆送付前にシャンプーを

        おしゃれ着洗いの要領でカツラをシャンプーしてお手入れを済ませてからお送りください。髪が傷んでいる場合は、トリートメントしてよくすすぐと、くし通りが良くなる場合があります。
        (カツラのお手入れ方法:http://www.gan-support-kagoshima.com/wigmainte110704.pdf

        ◆チャック式ビニール袋に入れて
        カツラは基本的に箱から出して、チャック式ビニール袋に入れてカサを減らしてお送りください。特にスタンドを兼ねた背の高い箱は、スペースが限られた病院施設では場所を取り、試着の際にも不都合が多いとわかったためです。四角や六角形の小箱は、そのまま送付にご利用いただいても構いません。

        ◆サイズと髪の長さを書き添えて
        試着をスムーズに行えるよう、今後はサイズ(頭囲)と髪の長さを記したタグをカツラに付けて送ります。
        可能な方は、http://www.gan-support-kagoshima.com/tagu.pdf からタグ(用紙1枚にタグ5枚分あり)をダウンロード・印刷して、該当箇所に印を付けてカツラと一緒にお送りください。印刷できない場合はメモ用紙にサイズと長さを記入してお送りください。

        サイズと長さの区分は、おおよそで結構ですが、次のような目安でお考えください。

        【サイズ】

        • SS以下:頭囲51.5cm以下(子供用)
        • S:52〜54cm
        • M:54.5〜56.5cm
        • L:57cm以上


        【髪の長さ】

        • ショート:襟足が隠れるぐらいまで
        • セミロング:肩まで
        • ロング:それ以上


        【その他】

        • 「人毛100%」「人毛ミックス」「少し白髪交じり」「おかっぱ風」など、分かる範囲で役立つ情報があればメモ欄にご記入を


        タグの記入例:サイズはSS以下/S/M/Lのいずれか、あるいは頭囲の数字に丸を。不明な場合は、巻き尺等で測ってみてください。

        タグ


        下記の第三次募集時の要項に、そのほかにもサンプル写真を掲載していますので、参考になさってください。
        http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=32

        以上、ご協力のほどよろしくお願いいたします! <(_ _)>

        | 事務局よりお知らせ | 15:47 | comments(6) | trackbacks(1) | - | - |
        「FUKUSHIMA いのちの最前線 東日本大震災の活動記録集」
        0

          こんばんは (^O^) 寺田です。
          今年も残りわずかとなってきました。第四次、五次、六次と、今年もたくさんのご協力をいただき、ありがとうございました!

          12月25日の今日、ワンワールド・プロジェクトの支援物資受け入れ先のひとつ、福島県立医科大が、震災後の記録をまとめた本の電子ブック版をHP上で公開されました。

          http://www.fmu.ac.jp/univ/chiiki/dbook.html


          先日、紙版の立派な本をプロジェクト宛てにお送りくださいました。そちらはおよそ400ページですが、上記電子ブック版はおよそ600ページあります。
          放射線問題をふくめ、震災後の治療・看護など医療について、幅広く網羅されています。

          2012-12-24 23.10.02.jpg 2012-12-24 23.18.43.jpg


          ワンワールド・プロジェクトについても、P121〜の三浦浅子先生、P483〜の氏家由紀子看護師が触れてくださっています。よろしかったらぜひご覧ください。

          冒頭、菊地学長のメッセージの下記の下りが印象的でした。
          以下引用

          第5に、「安心」と「安全」の峻別ができておらず、混乱をきたしました。「安心」は心とコストの問題です。「安全」は科学の問題です。100%安全が保障されている安心な世界は存在しないという当たり前のことが、認識されていませんでした。

          膨大な記録を取りまとめるのはさぞ大変な作業だったことと思いますが、悲しみを繰り返さないためにも、起きたことをありのままに記録して学ばねばと、こうして形に残されたご努力に心から敬意を表します。

          福島をふくめ、東北のがん患者さんに少しでも笑顔を取り戻していただけるように、ワンワールド・プロジェクトも細々と活動を続けてまいります。
          来年もどうぞよろしくお願いいたします。 <(_ _)> 

          | 事務局よりお知らせ | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          第六次募集のお知らせ\(^_^)/
          0

            ■第六次募集期間:11月5日(月)〜9日(金)


            事務局・寺田です。

            早いものでもう10月、第六次募集まであと1ヵ月を切りました!


            私事ながら、家の事情で7月に大阪に引っ越した関係もあって、7月の第五次以降はちょっと動きがスローでした。

            それでも、東北各地の病院からカツラのご要望をいただいて、保管をお願いしている東京のボランティアさんに「○○へ○個送って〜」と指示させてもらったり。

            「タオル帽子を作りたい」とのご相談を受けて、タオルをお送りしたり。

            やはり7月にスタートした、「カツラお手入れ支援サービス(協賛:アデランス)」について、「院内にポスターを貼らせてもらいます!」とご連絡をいただいたり。

            また、復興に向けた活動、震災を教訓に未来に生かして行こうという取り組みの情報も、いろいろ耳にします。ワンワールドの活動を紹介してというお話をいただくなど、発起人もそれぞれにそうした取り組みに携わっています。


            震災から1年半。

            がんの診断を受けて困っている人、悲しんでいる人、カツラやケア帽子が必要な人は全国にごまんとおいでのはず。私たちに出来ることは本当に限られていますが、東北のがん患者さんに少しでも笑顔を取り戻していただくことで、震災を経験した東北が元気になり、互いに支え合う仕組みができていくことに少しでも協力できたら、そしてそれが全国に広がっていけばという思いで、細々〜と活動を続けています。


            第六次募集でも再び皆さまからの温かいご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


            ■第六次支援物資募集要項

            ■募集期間:11月5日(月)〜9日(金)


            ※仕分け・発送作業は、有志の発起人と協力者によるボランティアで行っています。日本対がん協会のご厚意で作業場所は提供していただいていますが、物資受け付けを常時行える状況になく、募集期間が短くなっています。なにとぞご了承ください。

            ■印刷用の募集要項(PDF)
            周囲の方へのお知らせにご利用ください。切り取って使えるタグ付き。
            http://www.gan-support-kagoshima.com/flier_0512.pdf


            ■送付先
            〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン13F 
            公益財団法人日本対がん協会内 One Worldプロジェクト宛
            電話:03−5218−4771

            ※お送りいただいた品はすべてこちらで一度開封して確認します。開封しやすい状態で、あまり厳重に梱包せずにお送りください。

            ■募集内容

            • 医療用カツラ (送付にあたってのお願い事項→下記を要参照)
            • 付け毛 (帽子に付けて使うタイプ)・内帽子(付け毛+ネット)
            • カツラ用ケア用品
              シャンプー・リンス類(新品・未開封に限る)、アンダーネット(洗濯済みのもの)、組み立て式スタンド、ブラシ(新品、もしくは傷み・汚れのないもの)など。
            • ケア帽子
              タオル製、綿ジャージ製、プリント地・バンダナ製など。手作りを含め新品のもの。あるいは洗濯済みのもの。
            • 秋冬向けグッズ
              マフラー/手袋/あったかソックス/腹巻きなど。手作りを含め新品のもの。


            ※ご遠慮いただきたい品

            • 部分カツラ(頭頂部増毛用)・エクステンション
              髪色やスタイルが合う方が限定されて、フィッティングが難しいため。
            • つばのあるような一般的な帽子
              現在すでにかなりの数が集まっているため。ただし付け毛を付けたお出かけ帽子は例外的に募集します。
            • ヘッド状のスタンド
            • タオル帽子用のタオルについては、前回かなりの数を頂戴できたので、今回は特に募集はいたしません。


            医療用カツラの送付にあたってのお願い事項

            ◆送付前にシャンプーを

            おしゃれ着洗いの要領でカツラをシャンプーしてお手入れを済ませてからお送りください。髪が傷んでいる場合は、トリートメントしてよくすすぐと、くし通りが良くなる場合があります。
            (カツラのお手入れ方法:http://www.gan-support-kagoshima.com/wigmainte110704.pdf

            ◆チャック式ビニール袋に入れて
            カツラは基本的に箱から出して、チャック式ビニール袋に入れてカサを減らしてお送りください。特にスタンドを兼ねた背の高い箱は、スペースが限られた病院施設では場所を取り、試着の際にも不都合が多いとわかったためです。四角や六角形の小箱は、そのまま送付にご利用いただいても構いません。

            ◆サイズと髪の長さを書き添えて
            試着をスムーズに行えるよう、今後はサイズ(頭囲)と髪の長さを記したタグをカツラに付けて送ります。
            可能な方は、http://www.gan-support-kagoshima.com/tagu.pdf からタグ(用紙1枚にタグ5枚分あり)をダウンロード・印刷して、該当箇所に印を付けてカツラと一緒にお送りください。印刷できない場合はメモ用紙にサイズと長さを記入してお送りください。

            サイズと長さの区分は、おおよそで結構ですが、次のような目安でお考えください。

            【サイズ】

            • SS以下:頭囲51.5cm以下(子供用)
            • S:52〜54cm
            • M:54.5〜56.5cm
            • L:57cm以上


            【髪の長さ】

            • ショート:襟足が隠れるぐらいまで
            • セミロング:肩まで
            • ロング:それ以上


            【その他】

            • 「人毛100%」「人毛ミックス」「少し白髪交じり」「おかっぱ風」など、分かる範囲で役立つ情報があればメモ欄にご記入を


            タグの記入例:サイズはSS以下/S/M/Lのいずれか、あるいは頭囲の数字に丸を。不明な場合は、巻き尺等で測ってみてください。

            タグ


            下記の第三次募集時の要項に、そのほかにもサンプル写真を掲載していますので、参考になさってください。
            http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=32

            以上、ご協力のほどよろしくお願いいたします! <(_ _)>

            | 事務局よりお知らせ | 10:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            カツラお手入れ支援サービス開始(協賛:株式会社アデランス)
            0

              こんにちは。事務局担当・寺田です。

              土曜日に発送準備を終えた第五次支援物資。
              http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=50

              今日月曜日に東北に向けて発送されますが、これに合わせて嬉しいお知らせがひとつ ヘ(^o^)/

              このたび株式会社アデランスのご協賛をいただいて、「カツラお手入れ支援サービス」を開始できることになりました。大切なカツラを少しでも長くご利用いただけるように、サービスをご活用いただければ幸いです。


              ◆対象者
              :One Worldプロジェクトからカツラの提供を受け、「カツラお手入れカード」をお持ちの方

              「カツラお手入れカード」は、今回の第五次支援物資と一緒に、各病院にお送りしてあります。プロジェクトからカツラの提供を受けた方でサービスをご利用になりたい方は、カツラを受け取られた窓口に「カードのついたチラシが欲しいです」とお申し出ください。

              チラシブログ用.jpg

              ◆期 間:2012年7月1日〜2014年6月30日

              ◆内 容:期間中、カツラのシャンプーやカットなどのお手入れを、アデランスのお店で半額で受けられます。例/標準的なAコース(自毛およびカツラのシャンプー&カット)4,600〜5,100円が半額に。
              ただし、カツラの状態によってお手入れが難しい場合もあります。また、増毛修理やネット補修など、カツラを預けての修理には対応できませんので、ご了承ください。

              ◆利用方法:アデランスの店舗に電話予約の上、直接ご来店ください。
              その際、カツラと、「カツラお手入れカード」をご持参ください。

              ◆対応店舗:カツラお手入れ支援サービスが受けられる店舗は、下記のとおりです。電話番号など詳細は、「カツラお手入れカード」のついたチラシに掲載してあります。
               

               ・青森県:青森店・八戸店・弘前店
               ・岩手県:一関店
               ・宮城県:仙台店・古川店・仙台医療センター店
               ・秋田県:秋田店
               ・山形県:山形店・酒田店・米沢店
               ・福島県:福島店・郡山店・いわき店・会津若松店

              なお、「米沢店」と「会津若松店」についてはギリギリになって対応していただけることが決まったため、チラシの印刷に間に合いませんでした(>_<)。が、対応していただけます! お近くの方、ぜひご利用ください。

              来店時には、お客様カードにお名前・ご住所などをご記入いただきますが、個人情報はアデランスさんが責任をもって管理してくださいます。カツラの取り扱い方法などについてもプロの方がアドバイスくださいます。各店とも、利用される方のプライバシーに配慮して、基本的に完全個室が用意されており、安心してお手入れを受けられます。

              この支援サービスは、アデランスのCSR活動の一環として実現したものです。
              (プレスリリース文面掲載先(6/26)http://www.aderans.com/press/index.html


              プロジェクトではカツラを「永久レンタル品」としてご提供していますが、ほとんどが中古品ですし、そもそもカツラは消耗品。

               ・使っているうちに傷んできた
               ・受け取ったカツラの傷んだ毛先をカットしたい、ちょっとスタイルを変えたい

              そんな時にぜひこのサービスをご利用ください。

              プロジェクトではほかにも、病院へお邪魔してカツラのお手入れサービスを提供できないかなど、カツラのリユース支援を検討中です。決まり次第またお伝えします。

              | 事務局よりお知らせ | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              第五次募集のお知らせ
              0

                ■第五次募集期間:7月2日(月)〜6日(金)


                早いもので、6月です。長い間更新もせず、申し訳ありません <(_ _)>
                このかんも水面下で細々と活動しておりました。

                東京で第2回目のタオル帽子作りにチャレンジの会を開いたり。

                帽子作りの会12-04-21.JPG


                先月末には岩手県と宮城県の病院にお邪魔したり。
                ワンワールド・プロジェクトの支援物資を配布してくださっているサロンに、プロジェクトのお知らせが貼ってありました。

                写真 12-05-25 16 18 50.jpg


                そんなこんなのご報告もせねばなりませんが、第五次募集まであと1ヵ月を切っております! なので今日はまずそのお知らせを。

                岩手も宮城も、まだまだ震災の爪痕が残っていました。直後とは状況も変わってきていますが、震災で被災された上にがんが見つかって、治療による脱毛に気落ちしてらっしゃる患者さんは後を絶ちません。

                また、今回からタオル帽子作成用のタオルも募集いたします!

                プロジェクトでは、物資をお送りしている病院でご希望があれば、院内での「帽子を作ってしゃべろう会」(仮称)開催のお手伝いをする予定です。今回の岩手・宮城行きも、そのための下準備&初挑戦でした。
                ちくちくと針仕事をしながら、おしゃべりをする時間は、とてもぜいたくなものです。これまで、医療用のカツラやケア帽子が、全国の皆さんと患者さん、医療者の皆さんをつなぐ小道具になってくれたように、帽子を作ることで少しでも気晴らしをしていただければと願っています。

                (追記)いただいたタオルは、各病院での帽子作りに使っていただきます。プロジェクトに送られてくるケア帽子は、タオル地のもの、綿ジャージのもの、バンダナ風のもの、多種多様。そのことが患者さんの笑顔にもつながっています。できれば、いろんな手作り品にチャレンジしてみていただきたいものの、とりあえず、針と糸さえ手元にあれば作れるタオル帽子を題材にと考えています。

                再び皆さまからの温かいご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

                ■第五次支援物資募集要項

                ■募集期間:7月2日(月)〜6日(金)

                次回、第六次は、11月5日(月)〜9日(金)を予定しています。

                ※仕分け・発送作業は、有志の発起人と協力者によるボランティアで行っています。日本対がん協会のご厚意で作業場所は提供していただいていますが、物資受け付けを常時行える状況になく、募集期間が短くなっています。なにとぞご了承ください。

                ■印刷用の募集要項(PDF)
                周囲の方へのお知らせにご利用ください。切り取って使えるタグ付き。
                http://www.gan-support-kagoshima.com/flier_0512.pdf


                ■送付先
                〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン13F 
                公益財団法人日本対がん協会内 One Worldプロジェクト宛
                電話:03−5218−4771

                ※お送りいただいた品はすべてこちらで一度開封して確認します。開封しやすい状態で、あまり厳重に梱包せずにお送りください。

                ■募集内容

                • 医療用カツラ (送付にあたってのお願い事項→下記を要参照)
                • 付け毛 (帽子に付けて使うタイプ)・内帽子(付け毛+ネット)
                • カツラ用ケア用品
                  シャンプー・リンス類(新品・未開封に限る)、アンダーネット(洗濯済みのもの)、組み立て式スタンド、ブラシ(新品、もしくは傷み・汚れのないもの)など。
                • ケア帽子
                  タオル製、綿ジャージ製、プリント地・バンダナ製など。手作りを含め新品のもの。あるいは洗濯済みのもの。
                • タオル帽子用フェイスタオル
                  手ぬぐいサイズ(標準38cm×80cm)の未使用品。無地か総柄を歓迎、文字入り粗品タオルは不可。(追記)できれば夏向きに薄手で、かつあまりグスグスでないタオル地だと理想的です!

                ※ご遠慮いただきたい品

                • 部分カツラ(頭頂部増毛用)・エクステンション
                  髪色やスタイルが合う方が限定されて、フィッティングが難しいため。
                • つばのあるような一般的な帽子
                  現在すでにかなりの数が集まっているため。ただし付け毛を付けたお出かけ帽子は例外的に募集します。
                • ヘッド状のスタンド

                医療用カツラの送付にあたってのお願い事項

                ◆送付前にシャンプーを

                おしゃれ着洗いの要領でカツラをシャンプーしてお手入れを済ませてからお送りください。髪が傷んでいる場合は、トリートメントしてよくすすぐと、くし通りが良くなる場合があります。
                (カツラのお手入れ方法:http://www.gan-support-kagoshima.com/wigmainte110704.pdf

                ◆チャック式ビニール袋に入れて
                カツラは基本的に箱から出して、チャック式ビニール袋に入れてカサを減らしてお送りください。特にスタンドを兼ねた背の高い箱は、スペースが限られた病院施設では場所を取り、試着の際にも不都合が多いとわかったためです。四角や六角形の小箱は、そのまま送付にご利用いただいても構いません。

                ◆サイズと髪の長さを書き添えて
                試着をスムーズに行えるよう、今後はサイズ(頭囲)と髪の長さを記したタグをカツラに付けて送ります。
                可能な方は、http://www.gan-support-kagoshima.com/tagu.pdf からタグ(用紙1枚にタグ5枚分あり)をダウンロード・印刷して、該当箇所に印を付けてカツラと一緒にお送りください。印刷できない場合はメモ用紙にサイズと長さを記入してお送りください。

                サイズと長さの区分は、おおよそで結構ですが、次のような目安でお考えください。

                【サイズ】

                • SS以下:頭囲51.5cm以下(子供用)
                • S:52〜54cm
                • M:54.5〜56.5cm
                • L:57cm以上


                【髪の長さ】

                • ショート:襟足が隠れるぐらいまで
                • セミロング:肩まで
                • ロング:それ以上


                【その他】

                • 「人毛100%」「人毛ミックス」「少し白髪交じり」「おかっぱ風」など、分かる範囲で役立つ情報があればメモ欄にご記入を


                タグの記入例:サイズはSS以下/S/M/Lのいずれか、あるいは頭囲の数字に丸を。不明な場合は、巻き尺等で測ってみてください。

                タグ


                下記の第三次募集時の要項に、そのほかにもサンプル写真を掲載していますので、参考になさってください。
                http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=32

                以上、ご協力のほどよろしくお願いいたします! <(_ _)>

                | 事務局よりお知らせ | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                1年間の報告と来年度の計画
                0

                  昨年の今ごろは、まだまだ心がわさわさするばかりでした。
                  がん患者さん、困ってるだろうね……と話をしつつも、
                  何もできず、もどかしい日々を送っていました。

                  ワンワールド・プロジェクトが立ち上がったのは、4月11日です。
                  それまで、被災地は物理的にも精神的にも、
                  極限状態だったのだろうなぁ。。。
                  あらためて、最初の呼びかけをくださった北村さんに感謝です。

                  さて、今日で3月もおしまいです。
                  この区切りに、ワンワールド・プロジェクトが活動を開始した、
                  昨年4月からの活動内容をご報告するとともに、
                  来月からの活動方針をお伝えします。

                  初年度(2011年4月11日〜2012年3月31日)活動報告

                  ◆支援物資の募集
                  1年間に計4回にわたって支援物資を募集しました。
                   第一次募集 4月11日〜28日
                   第二次募集 8月22日〜26日
                   第三次募集 11月7日〜11日
                   第四次募集 2月13日〜17日
                  ネットでの呼びかけから始まって、大手新聞社、地方紙、テレビ番組でプロジェクトのことが紹介されて、第一次募集期間中だけで各種カツラ約1,700点、帽子約5,000点が寄せられました。そのほかにも化粧品、オストミー製品など、さまざまな支援物資が個人・団体・企業から寄贈されました。

                  ◆ボランティア作業状況
                  東京では3月末現在、53名のボランティアさんが登録してくださっているほか、鹿児島でも8名の方々が作業にご協力くださいました。平日の仕分け作業と、週末の発送準備作業を合わせ、延べ人数にしておよそ150名が参加してくれました。

                  ◆支援物資の送付
                  3月末までに、フルのカツラ約1,880点、ケア帽子を中心とした各種帽子約6,570点ほか、全国から寄せられた各種支援物資を21ヵ所の病院に送付しました。
                  そのほかにも、公益財団法人日本対がん協会のご協力で、カツラ用のアンダーネット約500点、さらに震災直後から夏にかけては乳がん患者さん用の下着280点や、シリコンパッド28点、リンパ浮腫防止用の各種ケア用品などを購入して、被災地へ送りました。物資送付にかかる送料などを含め、日本対がん協会にはこの1年間で約180万円の資金援助をいただきました。この場をかりて、厚くお礼申し上げます。

                  ◆ワンワールド・プロジェクトへのご寄付
                  また、プロジェクトのほうにも、740円分の切手をふくめて、総額145,760円のご寄付を頂戴しました。有志6名の発起人が緊急に立ち上げたプロジェクトですので、広くご寄付をお願いしてはいなかったにもかかわらず、たくさんの善意を頂戴したことに心から感謝申し上げます。

                  2012年3月末までに、これらの寄付金から、鹿児島(三好が理事長をつとめるNPOの所在地)や、千葉(カツラを一部預かった寺田の自宅)からの発送にかかる送料のほか、支援物資募集チラシの印刷費用、タオル帽子の型紙購入費用として、合計47,210円を使わせていただきました(なお、発起人およびボランティアの皆さんは全員無償で活動にあたっており、交通費を含め、手当は支給していません)。
                  残る98,550円につきましては、4月以降の2年目に繰り越し、チラシ印刷費、送料として使わせていただく予定です。

                  ◆送付先病院
                  支援物資をお送りした21ヵ所の病院は、下記のとおりです。

                   宮城県:東北大学病院・宮城県立こども病院・仙台オープン病院・
                       宮城県立がんセンター・石巻赤十字病院・公立刈田綜合病院・
                       仙台医療センター・東北厚生年金病院
                   岩手県:岩手医科大学病院・岩手県立中央病院・岩手県立宮古病院
                   福島県:福島県立医科大学付属病院・福島県労災病院・坪井病院・
                       竹田綜合病院・綜合磐城共立病院・星総合病院
                   茨城県:日立総合病院 
                   山形県:米沢市立病院・山形県立中央病院・三友堂病院



                  次年度(2012年4月以降) 活動予定


                  次年度からは、「物資の提供」による支援に加えて、
                  より「心のサポート」に重点をおいた活動を展開したいと考えています。

                  ◆支援物資の募集・提供

                  1年目と同様、医療用カツラやケア帽子など、がん患者さん向けの支援物資を募集し、各病院へ送付します。

                  ◆カツラのリユース支援
                  役目を終えたカツラを、次の方にご利用いただけるように、カツラをメンテナンスしてリユースするための支援を行います。

                  ◆(仮称)「帽子を作ってしゃべろう会」開催
                  ケア帽子の作り方を学んでいただきながら、おしゃべりができるようなサロン的集まりを、東北の各病院・市町村などで開催します。

                  ◆その他
                  こうしたプロジェクトの活動内容をお知らせしたり、物資を提供した方、提供された方など、プロジェクトに関わる皆さんの情報交換をしたりすることを目的に、患者さん向けリーフレットの発行や、掲示板的な交流の場を開設します。



                  これらに向けて、少しずつ準備中です。
                  5月には、タオル帽子のメッカ(?)、岩手にお伺いすることになりました。
                  手を動かして帽子を作りながら、口も動かそうという集まりを開催したいものの、
                  手を動かすことには不慣れな発起人一同ですので、
                  今後とも皆さまのご協力・ご指導、どうぞよろしくお願いいたします <(_ _)>

                  | 事務局よりお知らせ | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  3月11日 〜今日という日に寄せて〜
                  0

                    東北人として、支えさせて下さい!
                    今までも、これからも!
                    悲しみの涙を、喜びの涙に代えられるように手伝います!
                    〈北村奈央子〉


                    いつも
                    いつまでも
                    しずかに
                    みなさんのことを
                    おもっています。
                    〈桜井なおみ〉



                    あのときから1年の時がすぎました。
                    なにかしなくてはと始まったこのプロジェクトですが、患者代表ともいえる発起人のみなさま、ボランテイアのみなさま、現地の医療者のみなさま、対がん協会様の支援のおかげで、本当にたくさんのみなさんの気持ちが被災地域の患者さんの手に届けられたのではと思います。
                    わたくし自身は、最初のきっかけに関わった程度でなにもできておりませんが、本当にありがとうございました。
                    〈佐治重衡〉



                    もう一年になるのですね。あのとき遠く離れた和歌山から何かをしなければと思いました。
                    そんな思いの中、いろんなやりとりをしていて出会った仲間と活動出来て良かったです。
                    僕自身、遠くて何も出来ないという焦りもありましたが、和歌山の患者さん達も協力して下さいました。

                    協力できたことで、東北を身近に感じることが出来ました。
                    プレゼントが役立ったことを聞いて、患者さん達と一緒に勇気を頂き、喜びました。
                    和歌山も被災したことで更に助け合うことの大切さを感じています。

                    喜びをありがとうございました。そしてこれからも。。。
                    〈谷野裕一〉



                    今日という日を迎えて、あの日のことを思い出しています。
                    大した被害などなかった千葉に暮らしていますが、それでも怖かった。
                    癒えることのない悲しみが、心の奥底でうずいていますが、
                    そんなことにはお構いなしに、良くも悪くも、時間は過ぎていくのですね。
                    呼びかけに応じてさまざまな物資を提供してくださった全国の皆さん、
                    活動を支えてくれたボランティアの皆さん、日本対がん協会、
                    そして現地の医療者の皆さん、感想を寄せてくださった患者さんに、
                    こちらも支えていただき、元気をいただきました。
                    心から感謝です。
                    あらためて、犠牲になられた方々に合掌。
                    今、病とたたかっている方々が少しでも元気になられますよう
                    祈っています。
                    〈寺田真由美〉



                    あれから1年が過ぎました。離れていても心はつながっている、と思い、
                    出来ることを出来る範囲でさせて頂いてきました。
                    鹿児島の仲間たちも、東北の仲間たちを思い、
                    こちらの治療中の仲間も、タオル帽子を縫い、ウィッグを集めてくれました。
                    本当にちょっとしたことしか出来ないけれど
                    これからも繋がっていけたら嬉しいです。
                    一人じゃないよ。みんながいるよ。の思いを持ち続けて。
                    今でもそっとそばにいます。
                    〈三好綾〉

                    | 事務局よりお知らせ | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    来週の月〜金、第四次募集です!
                    0
                       ←こちらのサイドバー、
                      ならびに前回の記事
                      http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=41

                      でもお伝えしたとおり、
                      来週の13日(月)〜17日(金)、第四次支援物資募集です!

                      寒さ本番の東北に、あったかグッズとあったかハートを贈るべく
                      皆さまのご協力をお願いいたします <(_ _)>
                      募集要項は、上記の前回記事をご覧ください。

                      ◆手作りケア帽子、お待ちしています〜!
                      医療用ウィッグとならんで、
                      ワンワールド・プロジェクトの主軸となっている、各種ケア帽子。
                      全国の患者さん、個人の方、帽子クラブや患者会から
                      たくさんご提供いただいてきました。
                      タオル帽子、バンダナなど綿ブロード地のもの、ジャージ地のものなど、
                      素材も形もデザインも、さまざま。

                      この、「さまざま」なのがイイんです。
                      患者さんの好みだけでなく、
                      今どんな治療を受けておられるか、患者さんの状態によっても、
                      要望はさまざま。

                      今日も、
                      「三角に切った綿ブロードを6枚、接ぎ合わせたようなあの帽子がいい」
                      と病院からご意見をいただきました。
                      冬には薄手で不向きかなぁ?と思ったりもしましたが、
                      「脱毛が始まった頃だと、髪の毛がついても取れやすくて、
                      コロコロもかけやすくて、便利♪」とのこと。なるほど〜。

                      柔らかいジャージ地のもの、縫い目が当たらないように工夫されたもの、
                      どこで見つけられたんだろう?と驚くほど、かわいいタオル地のもの・・・。

                      今回もたくさんのあたたかい手作り品がいただけますように!

                      ◆ウィッグもお待ちしています〜!
                      ウィッグは数が減ってきたので、今後は東京でまとめて管理して、
                      病院からの要望に応じてサイズやスタイルをうかがって、
                      お送りする予定です。
                      ある程度の数がまとまれば、ご要望にもお応えしやすくなるはず。
                      もし不要になったウィッグがありましたら、ご提供ください!

                      | 事務局よりお知らせ | 19:49 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                      第四次募集のお知らせ!
                      0

                        2011年が明けて、新しい年になりました ヘ(^o^)/
                        皆さま、今年もどうぞよろしくお願いいたします <(_ _)>

                        諸般の事情で更新が滞り、お知らせが遅くなりましたが、第四次募集のお知らせです!
                        厳しい寒さの続く冬、再び皆さまからの温かいご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

                        ■第四次募集期間:2月13日(月)〜17日(金)


                        以下、募集要項をあらためてアップさせていただきますが、
                        その前に!


                        このブログに新しいコーナーが2つ誕生しました。

                        ★川柳&メッセージ・コーナー★ http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=40

                        ★オメメ拝借 独り言コーナー★ http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=39


                        昨年4月11日にスタートしたワンワールド・プロジェクト、
                        まだまだ復興の途上にある東北の、がん患者さんたちを
                        これからも応援していく予定です。
                        でも現地の状況は刻々と変わりつつあります。
                        それに合わせて、「物」を介しての支援プラス、
                        少しでも心のサポート、心の交流ができればと考えて作った投稿コーナーです。

                        詳しくはそれぞれのコーナーをご覧ください。
                        皆さん、ふるって書き込みしてくださいね〜!


                        ■第四次支援物資募集要項

                        ■募集期間:2月13日(月)〜17日(金)

                        次回、第五次は、7月頭を予定しています。

                        ※仕分け・発送作業は、有志の発起人と協力者によるボランティアで行っています。日本対がん協会のご厚意で作業場所は提供していただいていますが、物資受け付けを常時行える状況になく、募集期間が短くなっています。なにとぞご了承ください。

                        ■印刷用の募集要項(PDF)
                        周囲の方へのお知らせにご利用ください。切り取って使えるタグ付き。
                        (すみません、暫定的に第二次募集時のチラシへのリンクになっており、募集期間情報が古いです)
                        http://www.gan-support-kagoshima.com/one_world0908.pdf

                        ■送付先
                        〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン13F 
                        公益財団法人日本対がん協会内 One Worldプロジェクト宛
                        電話:03−5218−4771

                        ※お送りいただいた品はすべてこちらで一度開封して確認します。開封しやすい状態で、あまり厳重に梱包せずにお送りください。

                        ■募集内容

                        • 医療用カツラ (送付にあたってのお願い事項→下記を要参照)
                        • 付け毛 (帽子に付けて使うタイプ)・内帽子(付け毛+ネット)
                        • カツラ用ケア用品
                          シャンプー・リンス類(新品・未開封に限る)、アンダーネット(洗濯済みのもの)、組み立て式スタンド、ブラシ(新品、もしくは傷み・汚れのないもの)など。
                        • ケア帽子
                          タオル製、綿ジャージ製、プリント地・バンダナ製など。手作りを含め新品のもの。あるいは洗濯済みのもの。
                        • 秋冬向けグッズ
                          マフラー/手袋/あったかソックス/腹巻きなど。手作りを含め新品のもの。


                        ※ご遠慮いただきたい品

                        • 部分カツラ(頭頂部増毛用)・エクステンション
                          髪色やスタイルが合う方が限定されて、フィッティングが難しいため。
                        • つばのあるような一般的な帽子
                          現在すでにかなりの数が集まっているため。ただし付け毛を付けたお出かけ帽子は例外的に募集します。
                        • ヘッド状のスタンド

                        医療用カツラの送付にあたってのお願い事項

                        ◆送付前にシャンプーを

                        おしゃれ着洗いの要領でカツラをシャンプーしてお手入れを済ませてからお送りください。髪が傷んでいる場合は、トリートメントしてよくすすぐと、くし通りが良くなる場合があります。
                        (カツラのお手入れ方法:http://www.gan-support-kagoshima.com/wigmainte110704.pdf

                        ◆チャック式ビニール袋に入れて
                        カツラは基本的に箱から出して、チャック式ビニール袋に入れてカサを減らしてお送りください。特にスタンドを兼ねた背の高い箱は、スペースが限られた病院施設では場所を取り、試着の際にも不都合が多いとわかったためです。四角や六角形の小箱は、そのまま送付にご利用いただいても構いません。

                        ◆サイズと髪の長さを書き添えて
                        試着をスムーズに行えるよう、今後はサイズ(頭囲)と髪の長さを記したタグをカツラに付けて送ります。
                        可能な方は、http://www.gan-support-kagoshima.com/tagu.pdf からタグ(用紙1枚にタグ5枚分あり)をダウンロード・印刷して、該当箇所に印を付けてカツラと一緒にお送りください。印刷できない場合はメモ用紙にサイズと長さを記入してお送りください。

                        サイズと長さの区分は、おおよそで結構ですが、次のような目安でお考えください。

                        【サイズ】

                        • SS以下:頭囲51.5cm以下(子供用)
                        • S:52〜54cm
                        • M:54.5〜56.5cm
                        • L:57cm以上


                        【髪の長さ】

                        • ショート:襟足が隠れるぐらいまで
                        • セミロング:肩まで
                        • ロング:それ以上


                        【その他】

                        • 「人毛100%」「人毛ミックス」「少し白髪交じり」「おかっぱ風」など、分かる範囲で役立つ情報があればメモ欄にご記入を


                        タグの記入例:サイズはSS以下/S/M/Lのいずれか、あるいは頭囲の数字に丸を。不明な場合は、巻き尺等で測ってみてください。

                        タグ


                        第三次募集時の要項に、そのほかにもサンプル写真を掲載していますので、参考になさってください。
                        http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=32

                        以上、ご協力のほどよろしくお願いいたします! <(_ _)>

                        | 事務局よりお知らせ | 01:08 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |