CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    福島県郡山市の星総合病院よりメールを頂戴しました
    0
       その後も順調に被災地への発送が続いています。
      今日現在、下記19の病院にウィッグや帽子をお送りしました。
       
      • 【宮城県】
        東北大学病院・宮城県立こども病院・仙台オープン病院・宮城県立がんセンター・石巻赤十字病院・公立刈田綜合病院・仙台医療センター
      • 【岩手県】岩手医科大学病院・岩手県立中央病院
      • 【福島県】
        福島県労災病院・福島県立医科大付属病・坪井病院・竹田綜合病院・総合磐城共立病院・星総合病院
      • 【茨城県】日立総合病院
      • 【山形県】米沢市立病院・山形県立中央病院・三友堂病院


      そのうち、福島県の星総合病院から、下記のとおり到着のご報告とお礼のメールを頂戴いたしました!

      このたびは、貴重な患者様用ウィッグ、帽子等を大量にご提供いただきまして誠にありがとうございました。

      本日、御好意ありがたく受け取らせていただきました。

      さっそく、ある患者様に白髪交じりのウィッグ選んでいただきとても喜んでいただけたところです。

      郡山は、それほどひどい震災被害を受けた訳ではありませんが、原発避難の患者様方の受け入れということもありまして、そういった患者様をはじめ今後多くの患者様に紹介し利用していただこうと思います。

      本当に助かりました。ありがとうございました。重ねて厚く御礼申し上げます。

       

      今後ともプロジェクトスタッフのご活躍をお祈り申し上げます。



      星総合病院


      こちらこそ、患者さんに必要な品をお渡しいただけて感謝です!

      (寺田筆)

      | 東北からの声 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      福島県・竹田綜合病院よりメールをいただきました
      0
        5/8に支援物資をお送りした福島県会津若松市にある竹田綜合病院から、下記のようなお礼のメールを頂戴しました! こちらこそ、ありがとうございます!

         
        One Worldプロジェクトの皆様へ
          

         このたびは、医療用かつらをはじめ、たくさんのご支援の品をいただき、心より感謝申し上げます。到着した箱の大きさと数で驚き、開封した時品数・種類に驚き、まずはびっくり仰天でした。しかし、振り分けをしていくうちに、そのひとつひとつに支援してくださる方々の暖かい心を感じ、感謝とともに皆様の思いを確実に届けなければという責任も感じております。

         ここ会津地域には震災による避難者の他、原発からの避難で3つの町役場が移転しており、多くの方が避難生活を強いられております。病を持ちながら、治療を受けながら、そして原発の収束も見えない中での避難生活は、その心身へのストレスが如何ほどなのか想像もできません。

         少しでも早く必要な方に届くよう、地域の保健師や院内美容室等にも協力を得ながら進めているところです。

         支援に関わられた皆様、ありがとうございました!

                                 「 感謝 」

        | 東北からの声 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        さらに3施設へ送付&宮城からのご報告
        0
           520日現在、これまでの11施設にくわえて、下記3つの病院に支援物資を送らせていただきました。

           

          【宮城県】

          ・宮城県立がんセンター

          ・石巻赤十字病院

          ・公立刈田綜合病院

           

          各施設から、徐々にご報告も届いています。

          東北大学病院ほか、仙台市周辺の病院からは、以下のようなご報告が。

           

          • 化療センターで治療を開始したばかりの被災者の方、治療で脱毛することに憂鬱になられていたようで、相談にみえました。フィッティングして、セミロングのカツラをご持参いただきました。また、ケア帽子(タオル)も1枚差し上げました
          • 乳がん患者さん用のブラをお渡しした方からは、「これで、仕事も少し胸を張って行けます」と言っていただきました。
          • 沿岸地区の方。「家の1階に全部置いていたら、津波で何もかも家もすべてなくしました。抗がん剤を使い始めたばかりで、避難所に居た1ヶ月間、ずっと髪をとかさないで、抜けないように気を使ってました。今日、まさか病院でカツラとブラジャーをもらえるなんて。これから、もうあんなにつらい日はこないと思うから、このカツラとブラジャーで頑張れる気がします。本当にありがとう」と、涙ながらにお話してくださいました。
          • 仙台市で津波にあわれた方、ご家族が円形脱毛症でカツラを使用されていましたが、それも流されて命からがら津波から逃げたそうです。先日皮膚科外来に見えたときに、one worldの話を聞かれて、相談にみえました。

           

          石巻赤十字病院のある石巻は、まだまだ泥のかき出しや、大潮での浸水があり、街自体が異臭を放っているような状況だそうです。多くの物資を置いて対応するのは難しく、担当の方からは長期にわたる支援をお願いされました。

           

          少しでも早く、必要な方に、必要な物資を届けたい一方で、広範囲におよぶ被災地、各地の状況に応じて、少しずつ、少しずつでも、対応していきたい。息長く支援していきたい。あらためてそう感じています。


          | 東北からの声 | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          福島県立医科大学よりお礼のメールが届きました!
          0
            福島県立医科大学より、ケア用品が到着したお礼のメールが
            届きました。先生お忙しのに、ありがとうございました!

            **************

            いつもお世話になります。
            その後皆様お元気ですか。

            さて、過日御礼申し上げましたが、連休前にウイッグをいただきました。皆様のいっぱいの善意がつまったダンボールをたくさんいただき深く感
            謝申し上げます。

            あれほどの物資を短期間で集められた行動力は実に素晴らしいです。予想を超えた多数の物資にうれしい悲鳴です。いただいたウイッグなどは、前にもお伝えしましたが、当院の通院患者さんと避難所の患者さん、また県内のがん診療連携拠点病院に配布いたします。

            福島県はいまは「放射能」の報道一色です。一方、各避難所で生活している方々がまだ大勢おり、その方々への支援の報道も少しありますが、多くの場合はタレントなどの「訪問活動」の報道です。ウイッグの配布といったことは地味ですが、タレントの訪問より継続的な効果があると信じております。

            皆様の善意で助かる患者さんが一人でも増えることを願い、配布活動を行います。物資を提供していただいた方々、収集し分類発送してくださったボランティアの皆様に改めて御礼を申し上げます。どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます。

            *ピンボケのものもありお恥ずかしいのですが、とりあえず届いた物資の整理をしている写真をお送りします







            | 東北からの声 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            東北のみなさんに、第一便が届きました!
            1
             東北の皆さんに、ウィッグと帽子等が届きました!

            皆さんからの温かいお気持ちがたくさん届き、17日(日)に第1回発送作業を行いました。お手伝い頂いた皆さん、ご協力頂いた対がん協会のみなさん、ありがとうございました!

            全員集合.jpg

            仕分け作業の様子です。

            0417-5.jpg


            以下の病院に発送されました。

             1)          東北大学病院 (宮城県)

            2)          岩手県立中央病院 (岩手県)

            3)          福島県労災病院(福島県)


             
            ■岩手県立中央病院のみなさんよりメールを頂きました。


            はじめまして。岩手県立中央病院看護師
            です。この度はたくさんの貴重なご支援、ありがとうございました。当院がん化学療法科医師の加藤より、ぜひ写真を添えて桜井様にメールを!ということで、ちょっと恥ずかしいですが我々の写真を添えさせていただきました。うまく送れたでしょうか?昨日は早速物資を拝見し作成した物資のリストが、沿岸の病院に向けメール送信されました。 当院にも、沿岸から治療のため通院されている患者様が多くいらっしゃいます。本日化学療法にいらした方は、震災の日にケア帽子を洗濯し、乾かしていたところに津波が押し寄せ、真っ黒になってしまったのだそうです。自宅は150cm程の床上浸水、ぎりぎりで高台に避難して無事に逃れたけれど、下着も真っ黒。本日早速、桜井様から送っていただいたケア帽子とブラジャーを化学療法室の看護師がお渡ししたところ、とても喜んで帰られたそうです。震災から1ヶ月半になろうとしていますが、被災した方々が何を必要としているか、私たちが把握できずにいることはお恥ずかしいところです。しかし、いただいた物資を具体的に示すことで、ニーズが見えてくるかもしれない、これらが「今私たちにできること」なのかな、と考えながら、物資を届けることにわずかながらお手伝いさせていただいております。今回の物資の提供、収集、発送など、関わってくださった皆様に感謝を申し上げます。患者様だけでなく、私たちにとっても心強いご支援をいただきました。皆さまの気持ちを大切に届けてまいりたいと思います。本当にありがとうございました。 

            岩手県立中央病院の看護師さんより。 

             

            岩手県立中央病院の加藤です。本日も、ダンボール3箱の支援の物品が無事届きました。大変多くの品物を送っていただき、誠にありがとうございました。当院の乳がん看護認定看護師が中心になって、いただいたものを何処に送れば良いか、活動を開始しています。今後とも、宜しくお願い申し上げます。 


            加藤誠之先生より。

             

            | 東北からの声 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |