CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
患者さんからのお礼のメッセージ(2)
0

    こんにちは、寺田です。

    今年も3月がやってきました。
    まもなくあの日から5回目の3月11日です。

    以前、岩手県の病院からいただいた、患者さんからのメッセージをご紹介しました。

    http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=48

    その後もそちらの病院から何度にも渡って、支援物資を受け取られた患者さんからのメッセージをたくさん頂戴しています。
    今日はそのなかから一部をご紹介したいと思います。
    (病院・患者さんからメッセージ掲載のご了承をいただいています。なお、掲載にあたっては個人情報の保護などを理由に一部編集させていただきました)


    いただいたメッセージに直接地震のこと、被災状況などが書いてあるケースは数多くありません。でも皆さん多くを失って、哀しみが澱のように心の底を覆っているなか、ご自身の病気とも闘っていらっしゃるのだと思うと、全国からご寄付いただいた支援物資が笑顔の源になって良かった、そうしたご縁を取り次ぐ役目を果たせて良かったとつくづく思います。
     

    • 私は卵巣がんで、二度目の化学療法のため入院です。コシノジュンコさんの帽子をいただくことができ、本当に嬉しく思っております。心より感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。外でもかぶります。
       
    • 現在入院二週目になるのですが、まだベッドの上から一人で歩くことができず、髪も抜けるので、帽子があったらいいなぁとお願いしたなら、すぐに婦長さんが私の好きな色のとても形の良い帽子をもってきてくださいました。とても気に入っています。ありがとうございました。
       
    • かわいいピンクの小花のバッグ、とても喜んでおります。今はまだベッドの上だけで過ごす毎日なので、ベッドサイドにS字フックで掛けて、薬を入れてみました。華やかになりました。ありがとうございます。
       
    • サロンで帽子をいただきました。ジャージの布で、とても重宝しています。ありがとうございました。自分ががんと知った時は、なぜ?と否定ばかりでした。でも一人では病気は乗り越えられない。みんなに支えられて生きている事に、今さらながら病気に教えられました。抗がん剤治療はつらいけどすべてに感謝してがんばります。
       
    • なんともカットの美しいウィッグをいただきました。 がんのため、仕事を失い、金銭的にも厳しいためなかなかウィッグに手が届きませんでした。しかし、新しい仕事を……と思ってもやはりウィッグは必要だし……とウジウジとしていたところです。ウィッグがあることで気持ちが大きく前に向いたと思います。ありがとうございました。
       
    • 再発、転移し、およそ3年がたち、繰り返し抗がん剤治療を受けています。孫娘の七五三と、同窓会に招かれたものの、頭のこともあるので迷いつつ、サロンに相談に行ったところ、私の小さめの頭にピッタリのウィッグが。ご縁がありました。最後の1つだったそうです。まるでオーダーしたかのよう。相談員の方も「頑張ってきたからご褒美が待っていてくれたんですよ、きっと」とおっしゃってくださいました。おかげさまで七五三も同窓会も着物姿で自信もって楽しく過ごしてまいりました。ありがとうございました。
       
    • 「よろしくないですね」「やはりそうですか」 なんと淡々とした受け答えでしたでしょう。種々の検査が始まり、三ヶ月たっても、まだ納得しかねております。自分の中で肉体的変化が目に見えるような形で現れでもしたら、受け入れるのかなと思っていたところ、医療用カツラを説明されたことは、治療への覚悟を求める厳しいものでした。でも、大丈夫…というメッセージと共に手にしたウィッグに縦のつながりを、またサロンのスタッフの方々に横のつながりを感じております。「苦しみ」「つらさ」とはいいませんが、現状を見つめて、そのまま受け止めること、そこから何かが見えてくるのではないかと思っております。感謝。 追伸。心なごむクリスマスプレゼントありがとう。
       
    • 初めてのことなので何もわからなかったのですが、話を聞いてみなさんのバックアップがあることを知り、心強かったです。どの程度抜けるのか分かりませんが、普段と変わらないカツラがありましたので、大事に使用したいです。ありがとうございました。元気になります。
       
    • 帽子のリボンと裏地のメッシュの素材がとても通気性がよく、かぶりやすくて、とても気に入りました。困っている私に、この帽子を作って下さった方にとても感謝しております。ありがとうございました。大切に使って行きたいと思います。
       
    • 元気のでるような明るい帽子、ありがとうございます。元気のない時、使わせていただき、元気を出していきたいと思います。本当にありがとうございました。
       
    • 職場に復帰した時、帽子をかぶって仕事することが許されるだろうかと心配していました。もうひとつ気がかりだったことは、もうすぐやってくるお盆です。実家の祖母は私の病気のことをまだ知りません。できたらこのまま気付かれないようにしたいのです。ですのでサロンから希望通りのショートヘアのウィッグをお借りしたときはとてもほっとしました。自然につけることができるよう、練習したいと思います。ありがとうございました。
       
    • 2011.3.11では、車ごと津波に流されましたが運良く助かりました。 2013年6月、食道がんと診断され、抗がん剤治療をしています。今後まだ運が残っているかいないか楽しみに、また動ける時は「人」として生活したいと思っています。ワンワールドプロジェクト様、そして私が男なのに帽子を紹介してくれたサロンのスタッフさん、ありがとうございました。
       
    • 夏になるとウィッグに帽子はとても暑くて汗が止まりません。インナーウィッグは、涼しく過ごせてとても良かったです。びっくりしました! 女性にとって髪の毛がないのはとても苦痛です。外を見て自分と同年代の子を見ると、やっぱり悲しくなります。こういうインナーウィッグなどあると、病院の中でも手軽につかえるので本当にいただけてうれしかったです。ありがとうございました。
       
    • 今年7月に突然の乳がんという診断を受け、心の中に大きな穴が空き、毎日すきま風が吹き、恐怖と不安に苦しんだ三ヶ月。手術のため入院中にがんサロンを知り、訪れてみて、来訪するたびに心の穴の隙間が埋まり、すっかり前向きになりました。 先日、抗がん剤治療が始まることをお伝えしたら、ウィッグをいただくことができ、思わず感激しました。心温かな方からの支援物資とお聞きし本当に感謝しております。治療の苦しさや不安が和らぎ、なんでもチャレンジする気持ちになりました。今は皆さまのお力を借りて早く元気になり、ご恩返しができるようになりたいです。
       
    • 今こういう病気になって思いがけずこのような気持ちの入った帽子をいただき、ありがとうございます。がんばって病気と向き合っていきたいと思います、ありがとうございました。
       
    • このたびはかっこいい帽子をプレゼントしていただき、誠にありがとうございます。この病院に入院以来、いつから帽子をかぶったらよいかと心配していました。日に日に抜ける髪の毛がどんどん増えて、密林がいつの間にか間伐林になってきたからです。草原になるのももうじきです。私はがんでの入院は2年前の約三ヵ月半に続いて今回はおよそ半年の予定です。最初は舌がんで、今回は白血病です。今回は県内で被災地のボランティアとして活動中に発症しました。最初も今回も「なぜ私がこうなるの?」という思いに駆られて、神様から見放されたような脱力感に襲われたものでした。今も時折その思いがしますが、そんなとき、この帽子が私を支えてくれるものと思います。多くの方々が時を惜しんで編んでくれた大切な帽子です。大事に使わせていただきます。
       
    • 抗がん剤治療が始まりました。脱毛すると聞いてからは、ショックで落ち込んでいましたが、病院内のがん患者・家族サロンで、ウィッグとバンダナをいただき元気が出てきました。がんという病気になっても、支えて応援してくれる人たちがいる事がわかり、がんばって生きていこうと思いました。いろいろありがとうございました。
       
    • ただいま卵巣がん鹸で外来治療中です。すべてが初めてのことで、とまどうばかりですが、このような温かいご支援をいただき、本当にありがたいです。本日いただいたウィッグ、大切にします。
       
    • 10月に乳がんの診断を受け、11月に手術を行い、予想もしていなかった抗がん剤治療も、とのことで、自分が考えているより早いスピードで現在まで来たように感じています。生活が今までと一変したり、これからの体調のことを考えると、正直、外見が変わること、わかっているつもりでしたが、きちんと考えることは出来なかったように思います。そんなとき、乳がんを経験した方からこのプロジェクトのことをうかがいました。ウィッグは抗がん剤治療を受けている者には必ず必要です。しかしとても高価なものです。治療のことを考えると二の次になってしまいます。そのうち用意しようと思っているうちに、昨日まであった髪の毛がなくなっていきます。本当にありがたかったです。本当にありがたかったです。何度伝えても言い切れません。ありがとうございます。
       
    • 私はがんになり、毎月治療のために通院しています。髪の毛が少しずつ抜けてきた時にはびっくりしてしまい、どうしたらいいのか困っていました。看護師さんからがんサロンがあるので行ってみてくださいと紹介されました。さっそくサロンに相談に行き、カツラをお借りしてきました。がん患者のために相談できる場所があるということを知り、前向きな気持ちで治療が出来ると思わせていただきました。感謝しています。ありがとうございます。
       
    • 病気とは縁がないと思い、日々、仕事に追われて生活してまいりました。まさか自分ががんになるとは。思ってもいない出来事でした。大震災で私も母親(いまだ不明)と姪っ子を亡くしました。遺体を探し歩く時は涙も出ず、必死の思いでしたが、いざ自分のことになると弱虫になってしまい、毛髪がなくなるたび、鏡を見ては泣く日々でした。外出も控えていました。心を切り替えなければと思い、使用させていただいております。人とは、生きる事と死という事を考えねばならぬ動物なのでしょうね(生きてるものすべてが……)。母が言っていた言葉に、「苦労した分、つらいことがあった分、出会った人にやさしくなってね」を忘れずに心して過ごしています。
       
    • 先日はどうもありがとうございました。何もわからないでサロンに連れて行ってもらってびっくりしました。髪が抜けた時のタオル帽子をどうすればいいかと思って聞きに行ったら、カツラをもらってきました。涙が出ました。皆さんの気持ちに感謝です。私は3月11日の震災で家もすべて失い命からがら逃げました。91歳の母と孫2人、全部で6人、助かりました。今まで全国各地の皆さんに助けていただき、私に出来る事でお返しをと思っていた時、突然のがん宣告。まさか私が、今まで病気もしなかったのにと、ずいぶん悩みました。人が恋しく、二ヶ月ぐらい、友達親戚と話がしたく、でも自分の病気の事は話せない葛藤の日が続きました。今ようやく落ち着きを取り戻したような気がしています。一日も早く良くなり、私に出来る事を今度こそやれたらいいなと思っています。皆さまに感謝です。ありがとうございました。どうかお身体に気をつけてください。
       
    • 自分が今、働くことができない状態にある中で、入院にかかる費用のほかにどれだけの負担があるのかと不安に感じていました。しかし、ボランティアの方々が送ってくれたウィッグを無償で貸していただけると聞き、とても安心し、今後の治療にも前向きになれました。ありがとうございます。
       


    あらためて、心のこもったカツラや帽子をお寄せくださった全国の皆さんに感謝!

     

    | 東北からの声 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    年末プロジェクト〜2〜
    0
      たいへんご無沙汰しております。寺田です。
      このブログ、更新をさぼっていると広告が出てしまうとは、初めて知りました。。。

      更新するぞ!

      昨日の土曜日、昨年に引き続き年末プロジェクトと称して、日本対がん協会さんで第11回目になる発送準備作業をしてきました!
      今年も、わ〜!すご〜い!と思わず声があがる手作りプレゼントの数々。





      (今回も写真を撮ることを忘れてわさわさしている私を見て、しっかり撮影係を引き受けてくれたボランティアさんに写真をいただきました。ありがとうございます〜<(_ _)>)

      来年6月で、アデランスさんのご協力で実施しているカツラお手入れ支援サービスが終わるので、出番を待ってプロジェクトで保管していたカツラをお送りすることにして、手作りプレゼントと一緒にお送りしました。

      また、今年の初め、ある方からたくさんのご寄付をいただき、そのお金で再びつけ毛も購入して、沿岸地区6ヵ所の病院にお送りしました。



      第7号になるかわら版も、一緒に送りました。

      かわら版第7号

      下記のリンク先でこれまでのかわら版と一緒にご紹介しています。
      今回は、「東北の声」を岩手医科大学病院腫瘍センターの堀口さまにご寄稿いただき、リレー・エッセイは東北大学の北村さんにお願いしました。
      ずずずい〜っと下までスクロールしてご覧ください。
      http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=61

      14ヵ所の病院に向けて、発送準備完了!





      ボランティアの皆さん、お疲れさま、ありがとうございました!
      作業後は、お約束のボリュームランチ(笑)。



      行きの新幹線から見えたきれいな富士山の写真もおまけにアップしておきます (^O^)v

      | 支援物資の仕分け作業 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      3月11日に寄せて
      0
        あの日から4年になります。
        あっという間の4年でした。すごく長かった4年でした。

        今日も、揺れました。
        太平洋側のプレートの歪みは、まだ予断を赦さない状況のようです。

        私が直接ウィッグをお届けさせて戴いた方は、今をどう過ごされているのかな?
        車で試着を選ばれた方もいらっしゃいました。
        この方は、夜勤のご主人を気遣い、車での試着を選ばれました。そして、娘さんに笑顔になってほしくて、ウィッグを希望されました。その後お会いすることはありませんが、お元気かな?

        と、思うこともあります。

        自分の笑顔よりも、御家族の笑顔を望まれた、その優しく強い心、姿に憧れに近い感動を頂きました。

        東北は、まだまだ復旧途中です。復興までは、更にかかります。
        被災地と言う地名はありません。
        みなさん、東北に遊びに来てください。
        『笑顔で笑顔の華を咲かせましょう。』誰かのために。

        <東北大学病院薬剤師 北村奈央子>


        1万5891人の命を奪った東日本大震災から4年がたちました。
        今なお22万人以上の方が避難生活を強いられ、いまだに行方不明の方も2584人おられるとのこと。また、福島県下では、直接、地震・津波で命を落とされたより多くの方が震災関連で亡くなっているとの報道に胸が痛みます。
        全国からいただいた善意の品を東北へお送りする経由地にしかなれず、遠くからただ思いを寄せるだけの無力な人間ですが、無力ゆえに人生を揺るがす事件であった自分のがん罹患経験を震災に重ね合わせ、なんとか乗り越え、一歩一歩進んでいっていただきたいとの思いは変わりません。

        2年前にワンワールドがご縁で米沢に呼んでいただいたとき、フェースブックのがん友さんの投稿で知った「金継ぎ」のお話をさせていただきました。割れた茶碗などを、ただくっつけて直すのではなく、傷あとをいつくしみ強調するかのように、あえて金を使って修復する技法だそうです。一度負った傷をなかったことにはできなくても、それを隠すことはせず、新たな形でよみがえらせる作業と、それによって生まれたお茶碗に、とても温かいものを感じ、勇気をもらいました。

        震災という深い傷を乗り越えていくには、ただならぬ努力と忍耐、長い年月が必要になることでしょうが、震災を機に各地ではじまった取り組みや新たなご縁が根付き、支えあって進んで行ければと心から思います。

        あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。いま頑張っておられる皆さんを見守り、力を与えてくださいますように。



        <寺田真由美>


        あれから色々なご支援を頂きありがとうございます。
        私は地元が被災地ですが、あの日あの時あそこにいませんでした。
        戻った時の光景は....言葉になりません。覚悟して来いよと言われて戻ったことを思い出します。
        あの頃私はまだ闘病中でした。闘病中で避難所暮らしを余儀なくされた方はさぞかし辛かっただろうなあと思います。
        これからも患者に寄り添える支援を続けられたらと思います。
        引き続きよろしくお願いいたします。

        <ボランティアスタッフ・三浦>



        (震災の6日後、千葉にて)

        (メッセージは順次、追加させていただきます)
        | 事務局よりお知らせ | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        3.11特別ラジオ番組
        0
          こんにちは、寺田です ヘ(^o^)/
          4度目の3.11が来週に迫りました。

          OneWorldプロジェクトでは、3月11日にあわせて、
          これまでにいただいた寄付金を使って、
          昨年末の年末プロジェクトの時にもお願いした
          医療向けのつけ毛を購入し、
          沿岸地区・福島県下の病院を中心に送付する予定です。

          今日は、もう一つお知らせがあります。
          このたび、
          3月11日にラジオで放送される
          「KIZUNA station」
          という特別番組の取材を受けました。

          この番組は、震災以降、鎮魂と復興への願いを込めて、
          全国のコミュニティFMで何度か放送されている番組だそうで、
          今年は岩手県宮古市からの公開生放送をふくめ、
          およそ4時間にわたって放送されるそうです。

          今年のホームページはこちら。

          http://musicbird.jp/cfm/program/

          そのなかで、15時15分ごろから、およそ10分間にわたって、
          OneWorldプロジェクトが取り上げられます。
          いや、正確には、
          アデランスさんのご協力で実施している「カツラお手入れ支援サービス」が、
          震災にたいする企業のCSR活動として取り上げられます。

          ぶっちゃけ、すでに収録は終わったのですが、
          10分しかないなかで、

          福島県立医科大学付属病院の看護師・三浦先生もお出になるというし、
          こちらの持ち時間は3分程度。
          言いたいことをどう詰め込むか、寺田、とっても悩んで
          何度も原稿メモに手を入れました(^_^;

          結果、言いたいことはかなり言えたのですが、
          「これまでに送付したウィッグと帽子の数」を最後に言おうと思っていたら、
          その段落に進む前に次の質問をふられてしまいました(笑)
          「数」が言えないだけだったら、別にいいのですが、
          そのなかで
          「帽子は大部分が手作りで」というフレーズを入れていたのに、
          読めずに終わってしまったのが、心残りです。

          番組は、インターネットラジオでも視聴できます。
          いくつかこの番組を流すインターネットラジオ局があるようですが、

          エフエム世田谷もそのひとつです。
          (回し者ではありません、視聴者数が大きくて安定していそうなのでご紹介w)
          こちらのページでボタンをクリックすると、視聴できます。

          http://fmsetagaya.com/

          本番で流れる内容がどんな風に編集されるかちょっとドキドキですし、
          これだけ?ってぐらいあっさり終わっちゃうかもですが、
          プロジェクトの立ち上げ時からこれまでを振り返りつつ、
          お世話になった皆さん、ご協力くださった全国の方々、
          現地の各病院で受け入れてくださった皆さん、
          出会った患者さん、メールをくださった患者さん、
          皆さんへの気持ちだけは目一杯こめましたので、
          もしお時間ありましたらお聞きになってみてください。

          4度目の3月11日、
          東北の皆さんは、さまざまな想いで、
          さまざまなご苦労を抱えながら迎えられることと思います。
          ささやかなことしかできませんが、
          OneWorldプロジェクトはこれからも、皆さんを応援しつづけます。




           
          | メディア掲載 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          かわら版第6号をアップしました
          0
            先日の年末プロジェクトで東北へ発送した支援物資に添えた、
            かわら版第6号をアップしました。
            これまでのかわら版と一緒にご紹介しています。
            今回は秋から福島県立医科大に移られた腫瘍内科医で発起人メンバーの佐治先生のエッセイと、
            「東北への旅」として寺田のエッセイを掲載。
            ずずずい〜っと下までスクロールしてご覧ください。
            http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=61
            | 事務局よりお知らせ | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |