CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    年末プロジェクト〜2〜
    0
      たいへんご無沙汰しております。寺田です。
      このブログ、更新をさぼっていると広告が出てしまうとは、初めて知りました。。。

      更新するぞ!

      昨日の土曜日、昨年に引き続き年末プロジェクトと称して、日本対がん協会さんで第11回目になる発送準備作業をしてきました!
      今年も、わ〜!すご〜い!と思わず声があがる手作りプレゼントの数々。





      (今回も写真を撮ることを忘れてわさわさしている私を見て、しっかり撮影係を引き受けてくれたボランティアさんに写真をいただきました。ありがとうございます〜<(_ _)>)

      来年6月で、アデランスさんのご協力で実施しているカツラお手入れ支援サービスが終わるので、出番を待ってプロジェクトで保管していたカツラをお送りすることにして、手作りプレゼントと一緒にお送りしました。

      また、今年の初め、ある方からたくさんのご寄付をいただき、そのお金で再びつけ毛も購入して、沿岸地区6ヵ所の病院にお送りしました。



      第7号になるかわら版も、一緒に送りました。

      かわら版第7号

      下記のリンク先でこれまでのかわら版と一緒にご紹介しています。
      今回は、「東北の声」を岩手医科大学病院腫瘍センターの堀口さまにご寄稿いただき、リレー・エッセイは東北大学の北村さんにお願いしました。
      ずずずい〜っと下までスクロールしてご覧ください。
      http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=61

      14ヵ所の病院に向けて、発送準備完了!





      ボランティアの皆さん、お疲れさま、ありがとうございました!
      作業後は、お約束のボリュームランチ(笑)。



      行きの新幹線から見えたきれいな富士山の写真もおまけにアップしておきます (^O^)v

      | 支援物資の仕分け作業 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      3月11日に寄せて
      0
        あの日から4年になります。
        あっという間の4年でした。すごく長かった4年でした。

        今日も、揺れました。
        太平洋側のプレートの歪みは、まだ予断を赦さない状況のようです。

        私が直接ウィッグをお届けさせて戴いた方は、今をどう過ごされているのかな?
        車で試着を選ばれた方もいらっしゃいました。
        この方は、夜勤のご主人を気遣い、車での試着を選ばれました。そして、娘さんに笑顔になってほしくて、ウィッグを希望されました。その後お会いすることはありませんが、お元気かな?

        と、思うこともあります。

        自分の笑顔よりも、御家族の笑顔を望まれた、その優しく強い心、姿に憧れに近い感動を頂きました。

        東北は、まだまだ復旧途中です。復興までは、更にかかります。
        被災地と言う地名はありません。
        みなさん、東北に遊びに来てください。
        『笑顔で笑顔の華を咲かせましょう。』誰かのために。

        <東北大学病院薬剤師 北村奈央子>


        1万5891人の命を奪った東日本大震災から4年がたちました。
        今なお22万人以上の方が避難生活を強いられ、いまだに行方不明の方も2584人おられるとのこと。また、福島県下では、直接、地震・津波で命を落とされたより多くの方が震災関連で亡くなっているとの報道に胸が痛みます。
        全国からいただいた善意の品を東北へお送りする経由地にしかなれず、遠くからただ思いを寄せるだけの無力な人間ですが、無力ゆえに人生を揺るがす事件であった自分のがん罹患経験を震災に重ね合わせ、なんとか乗り越え、一歩一歩進んでいっていただきたいとの思いは変わりません。

        2年前にワンワールドがご縁で米沢に呼んでいただいたとき、フェースブックのがん友さんの投稿で知った「金継ぎ」のお話をさせていただきました。割れた茶碗などを、ただくっつけて直すのではなく、傷あとをいつくしみ強調するかのように、あえて金を使って修復する技法だそうです。一度負った傷をなかったことにはできなくても、それを隠すことはせず、新たな形でよみがえらせる作業と、それによって生まれたお茶碗に、とても温かいものを感じ、勇気をもらいました。

        震災という深い傷を乗り越えていくには、ただならぬ努力と忍耐、長い年月が必要になることでしょうが、震災を機に各地ではじまった取り組みや新たなご縁が根付き、支えあって進んで行ければと心から思います。

        あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。いま頑張っておられる皆さんを見守り、力を与えてくださいますように。



        <寺田真由美>


        あれから色々なご支援を頂きありがとうございます。
        私は地元が被災地ですが、あの日あの時あそこにいませんでした。
        戻った時の光景は....言葉になりません。覚悟して来いよと言われて戻ったことを思い出します。
        あの頃私はまだ闘病中でした。闘病中で避難所暮らしを余儀なくされた方はさぞかし辛かっただろうなあと思います。
        これからも患者に寄り添える支援を続けられたらと思います。
        引き続きよろしくお願いいたします。

        <ボランティアスタッフ・三浦>



        (震災の6日後、千葉にて)

        (メッセージは順次、追加させていただきます)
        | 事務局よりお知らせ | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        3.11特別ラジオ番組
        0
          こんにちは、寺田です ヘ(^o^)/
          4度目の3.11が来週に迫りました。

          OneWorldプロジェクトでは、3月11日にあわせて、
          これまでにいただいた寄付金を使って、
          昨年末の年末プロジェクトの時にもお願いした
          医療向けのつけ毛を購入し、
          沿岸地区・福島県下の病院を中心に送付する予定です。

          今日は、もう一つお知らせがあります。
          このたび、
          3月11日にラジオで放送される
          「KIZUNA station」
          という特別番組の取材を受けました。

          この番組は、震災以降、鎮魂と復興への願いを込めて、
          全国のコミュニティFMで何度か放送されている番組だそうで、
          今年は岩手県宮古市からの公開生放送をふくめ、
          およそ4時間にわたって放送されるそうです。

          今年のホームページはこちら。

          http://musicbird.jp/cfm/program/

          そのなかで、15時15分ごろから、およそ10分間にわたって、
          OneWorldプロジェクトが取り上げられます。
          いや、正確には、
          アデランスさんのご協力で実施している「カツラお手入れ支援サービス」が、
          震災にたいする企業のCSR活動として取り上げられます。

          ぶっちゃけ、すでに収録は終わったのですが、
          10分しかないなかで、

          福島県立医科大学付属病院の看護師・三浦先生もお出になるというし、
          こちらの持ち時間は3分程度。
          言いたいことをどう詰め込むか、寺田、とっても悩んで
          何度も原稿メモに手を入れました(^_^;

          結果、言いたいことはかなり言えたのですが、
          「これまでに送付したウィッグと帽子の数」を最後に言おうと思っていたら、
          その段落に進む前に次の質問をふられてしまいました(笑)
          「数」が言えないだけだったら、別にいいのですが、
          そのなかで
          「帽子は大部分が手作りで」というフレーズを入れていたのに、
          読めずに終わってしまったのが、心残りです。

          番組は、インターネットラジオでも視聴できます。
          いくつかこの番組を流すインターネットラジオ局があるようですが、

          エフエム世田谷もそのひとつです。
          (回し者ではありません、視聴者数が大きくて安定していそうなのでご紹介w)
          こちらのページでボタンをクリックすると、視聴できます。

          http://fmsetagaya.com/

          本番で流れる内容がどんな風に編集されるかちょっとドキドキですし、
          これだけ?ってぐらいあっさり終わっちゃうかもですが、
          プロジェクトの立ち上げ時からこれまでを振り返りつつ、
          お世話になった皆さん、ご協力くださった全国の方々、
          現地の各病院で受け入れてくださった皆さん、
          出会った患者さん、メールをくださった患者さん、
          皆さんへの気持ちだけは目一杯こめましたので、
          もしお時間ありましたらお聞きになってみてください。

          4度目の3月11日、
          東北の皆さんは、さまざまな想いで、
          さまざまなご苦労を抱えながら迎えられることと思います。
          ささやかなことしかできませんが、
          OneWorldプロジェクトはこれからも、皆さんを応援しつづけます。




           
          | メディア掲載 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          かわら版第6号をアップしました
          0
            先日の年末プロジェクトで東北へ発送した支援物資に添えた、
            かわら版第6号をアップしました。
            これまでのかわら版と一緒にご紹介しています。
            今回は秋から福島県立医科大に移られた腫瘍内科医で発起人メンバーの佐治先生のエッセイと、
            「東北への旅」として寺田のエッセイを掲載。
            ずずずい〜っと下までスクロールしてご覧ください。
            http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=61
            | 事務局よりお知らせ | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            第十次 年末プロジェクト 送付しました!
            0

              お寒うございます (^O^) 寺田です。

              先週末の13日土曜日、
              ボランティアさんたちと日本対がん協会さんにお邪魔して、
              「年末プロジェクト」と称し、
              16の病院に向けて荷物を送る準備をしてきました。

              今日、発送されて、あすかあさってにも各施設に届く予定です。

              中身は・・・、以下のとおりです!


              第十次支援物資送付「年末プロジェクト」活動報告

              ◆手作りプレゼント
              なにかと人恋しい年末、東北のがん患者さんたちを応援しようと、ボランティアさんたちと手作りプレゼントを用意しました。その数、計212個! タオル帽子やケア帽子を作ろうか、さんざん迷ったものの、日頃定期的に会って打ち合わせしたり練習したりできる態勢でもなく、悩んだ挙げ句の年末プレゼントです。皆さん、オリジナリティあふれるステキな品を作ってくれました!
              こんな感じ。皆さんの芸達者ぶりをご覧ください!










              これらをひとつひとつ、ワンワールドのロゴシールを貼った袋に入れて……。
              (このロゴマークそのものが、複数のボランティアさんたちのアイデアの結集です)


              16ヵ所分の山に分けて……。


              箱詰めしました。


              今日の作業をふくめて協力してくださった皆さん、ありがとうございました!
               

              ◆ケア帽子
              今年四月に大々的募集を終えたあとも、プロジェクトに個別にカツラやタオル帽子、ケア帽子を寄付してくださる方がおいでです。
              この場を借りて、御礼申し上げます。
              カツラは現在、東京と大阪で保管管理して、リクエストに応じて東北へお送りしていますが、帽子は今回、手元にある分を送らせていただきました。

               

              ◆鈴珠さんの医療用つけ毛
              さらに今回、10ヵ所の病院に、医療用のつけ毛を購入して送らせていただきました。
              鈴珠さんというお店のもので、ヘアバンド風になっていて、頭につけて帽子をかぶると、あら不思議、脱毛していることをちっとも感じさせません。つけ毛にはひとつひとつ、とても分かりやすくて丁寧な使い方説明書と、保管に便利なS字フックがついていました。






              これまでにプロジェクトにいただいた寄付金を、送料やチラシ印刷、備品購入などに使わせていただいてきましたが、まだたっぷり余裕がありました。大切な寄付金をどう使えばいいのだろうと悩んだ結果、ワンワールドといえばやはりケア帽子とともにカツラだろうという結論に至り、予算とも相談しつつ、鈴珠さんのつけ毛を購入することにした次第です。
              今回、9万円分のつけ毛を10ヵ所にお送りしましたが、来春、さらに8万1千円分を沿岸地区を中心に6ヵ所の病院にお送りする予定です。カツラには及ばないかもしれませんが、きっちりサイズが合わなくても利用していただけますし、蒸れる、チクチクするといったトラブルの心配もなく、お手入れも簡単です。私も治療中はこれにネットがついたタイプのものを愛用していました。きっと重宝して使っていただけるものと思います。
              プロジェクトにご寄付をくださった皆さまに、この場を借りて心からお礼申し上げます。

              鈴珠さんの医療用つけ毛については、下記の鈴珠さんのウェブサイトをご覧ください。
              お一人でなさっているということですが、商品開発にかける情熱や、患者さんへの配慮には頭が下がりました。
              いろいろとムリを聞いてくださって、ありがとうございました! 春もよろしくお願いいたします!
              https://www.google.co.jp/#q=%E9%88%B4%E7%8F%A0

              梱包しおわった16コの箱


              作業のあとは、おやつです(笑)
              ボランティアさんたちが持ち寄ってくれたり、ビルの管理人さんが差し入れてくれた甘いモノで一息。
              タコ焼き味のじゃがりこは、寺田の持参です (^_^; ほとんどマヨネーズ味、でした。


              そのまま行けるメンバーでランチへ! ガッツリ食べました(笑)




              年末のこの時期に、誰か人様のために手を動かすというのは、送る側にとってとても楽しく、ぜいたくな時間でした。協力してくれたボランティアさんたち、寄付金や支援物資の提供でご協力いただいた皆さまに感謝。

              東北のみならず、全国で頑張っているがん患者さんたちに、いいこといっぱいありますように!


               

              | 支援物資の仕分け作業 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |