CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
<< 3.11特別ラジオ番組 | main | 年末プロジェクト〜2〜 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    3月11日に寄せて
    0
      あの日から4年になります。
      あっという間の4年でした。すごく長かった4年でした。

      今日も、揺れました。
      太平洋側のプレートの歪みは、まだ予断を赦さない状況のようです。

      私が直接ウィッグをお届けさせて戴いた方は、今をどう過ごされているのかな?
      車で試着を選ばれた方もいらっしゃいました。
      この方は、夜勤のご主人を気遣い、車での試着を選ばれました。そして、娘さんに笑顔になってほしくて、ウィッグを希望されました。その後お会いすることはありませんが、お元気かな?

      と、思うこともあります。

      自分の笑顔よりも、御家族の笑顔を望まれた、その優しく強い心、姿に憧れに近い感動を頂きました。

      東北は、まだまだ復旧途中です。復興までは、更にかかります。
      被災地と言う地名はありません。
      みなさん、東北に遊びに来てください。
      『笑顔で笑顔の華を咲かせましょう。』誰かのために。

      <東北大学病院薬剤師 北村奈央子>


      1万5891人の命を奪った東日本大震災から4年がたちました。
      今なお22万人以上の方が避難生活を強いられ、いまだに行方不明の方も2584人おられるとのこと。また、福島県下では、直接、地震・津波で命を落とされたより多くの方が震災関連で亡くなっているとの報道に胸が痛みます。
      全国からいただいた善意の品を東北へお送りする経由地にしかなれず、遠くからただ思いを寄せるだけの無力な人間ですが、無力ゆえに人生を揺るがす事件であった自分のがん罹患経験を震災に重ね合わせ、なんとか乗り越え、一歩一歩進んでいっていただきたいとの思いは変わりません。

      2年前にワンワールドがご縁で米沢に呼んでいただいたとき、フェースブックのがん友さんの投稿で知った「金継ぎ」のお話をさせていただきました。割れた茶碗などを、ただくっつけて直すのではなく、傷あとをいつくしみ強調するかのように、あえて金を使って修復する技法だそうです。一度負った傷をなかったことにはできなくても、それを隠すことはせず、新たな形でよみがえらせる作業と、それによって生まれたお茶碗に、とても温かいものを感じ、勇気をもらいました。

      震災という深い傷を乗り越えていくには、ただならぬ努力と忍耐、長い年月が必要になることでしょうが、震災を機に各地ではじまった取り組みや新たなご縁が根付き、支えあって進んで行ければと心から思います。

      あらためて亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。いま頑張っておられる皆さんを見守り、力を与えてくださいますように。



      <寺田真由美>


      あれから色々なご支援を頂きありがとうございます。
      私は地元が被災地ですが、あの日あの時あそこにいませんでした。
      戻った時の光景は....言葉になりません。覚悟して来いよと言われて戻ったことを思い出します。
      あの頃私はまだ闘病中でした。闘病中で避難所暮らしを余儀なくされた方はさぞかし辛かっただろうなあと思います。
      これからも患者に寄り添える支援を続けられたらと思います。
      引き続きよろしくお願いいたします。

      <ボランティアスタッフ・三浦>



      (震災の6日後、千葉にて)

      (メッセージは順次、追加させていただきます)
      | 事務局よりお知らせ | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:41 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://oneworldpro.jugem.jp/trackback/76
        トラックバック