CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
<< 〜3.11に寄せて〜 | main | 来週から第七次募集です! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    2年目の活動報告
    0

      こんにちは (^O^) 寺田です。

      今日4月11日で、
      ワンワールド・プロジェクトが立ち上がって丸二年を迎えました。
      もう2年、でもまだまだ2年。

      今、来月5月20日〜24日の第七次支援物資募集に向けて、
      (募集要項は http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=56 )
      ご要望を伺いがてら、各病院にご連絡を差し上げていますが、
      記憶がうすれていくなか、東北をずっと気に掛けてくれてありがとうと
      感謝の言葉をいただいています。
      病院内でカツラを永久レンタルするシステムを立ち上げよう
      という動きもあると、複数の病院から聞いていますが、
      ただでさえお忙しい関係者の皆さん、どうしても時間がかかります。
      狭い仮設住宅で暮らしながら治療されている患者さんもおいでとのこと。
      東北が本当に元気になるまで、今しばらく応援を続けたいと思っていますので、
      第七次募集にも、また温かいご協力をいただけますように
      よろしくお願いいたします。


      さて、丸二年の記念日に、
      昨年4月からの活動内容をご報告するとともに、
      新年度の活動方針をお伝えします。

      2年目(2012年4月1日〜2013年3月31日)活動報告

      ◆支援物資の募集
      1年間に計2回にわたって支援物資を募集しました(初年度は4回)。
       第五次募集 7月2日〜6日
       第六次募集 11月5日〜9日
      この2回の募集で、159の個人・団体・企業から医療用カツラ、帽子などが寄贈されました。

      ◆ボランティア作業状況
      東京では3月末現在、初年度より2名増えて55名のボランティアさんが登録してくださっています。2回にわたる募集時に、延べおよそ30名が仕分け・発送準備作業を手伝ってくれたほか、カツラの保管・随時発送、チラシの作成、病院への送付を開始した患者さん向け「かわら版」の制作、メディアへの告知記事掲載、チラシ配布など、さまざまな形でご協力いただいています。

      ◆支援物資の送付
      1年間にカツラ約120点(初年度は約1,880点)、ケア帽子を中心とした各種帽子約1,550点(初年度は約6,570点)ほか、全国から寄せられた各種支援物資を送付しました。
      カツラについては初年度に比べて数は減ったものの、震災にともなって経済的にも精神的にも厳しい状況がつづくなかニーズが高く、ご要望をいただいた8ヵ所の病院に随時発送、その他の物資については23ヵ所(初年度は21ヵ所)の病院にお送りしました。
      日本対がん協会には物資送付にかかる送料のほか、梱包用備品、新聞告知、お礼状発送代などとして約85万円(初年度は約180万円)の資金援助をいただきました。この場をかりて、厚くお礼申し上げます。

      ◆カツラお手入れ支援サービスの開始
      昨年7月から株式会社アデランスのご協力をえて、カツラお手入れ支援サービスを開始しました。ワンワールド・プロジェクトからカツラの提供を受けた方を対象に、東北6県計16店舗でシャンプーやカットなどのお手入れを半額で受けられるというものです。全国から寄せられたカツラを大切に長くご利用いただけるよう、リユースを支援したいというプロジェクトの希望にアデランスさんが応えてくださった形です。すでに治療を終えられた方や、病院を移られた方も多く、実際の利用者数はまだ少ないものの、消耗品であるカツラを長くご利用いただくための支援として喜ばれています。

      お手入れ支援チラシ.jpg

      ◆タオル帽子講習会の開催支援
      昨年度から、ケア帽子として喜ばれるタオル帽子の作り方を学びながら、おしゃべりのきっかけにしていただこうと、講習会開催の支援をはじめました。5月にタオル帽子を発案された岩手ホスピスの会を訪ね、同月に宮城県の病院で、6月に福島の病院での講習会開催に参加・協力しました。
      また、第五次募集の際にタオルを募集したところ、全国からたくさんのタオルを頂戴し、その一部を上記講習会に持参したほか、宮城県と福島県のタオル帽子作りに携わる個人・団体に寄付しました。

      ◆「かわら版」の発行とフェースブックページの開設
      プロジェクトのボランティアさんは、ほとんどががん経験者です。東北の患者さんたちに私たちや支援物資を提供してくださる全国の皆さんとのつながりを少しでも感じていただけたらと、ボランティアさん手作りの「かわら版」を発行し、第五次、第六次の支援物資発送の際にお送りしました。

      かわら版第2号最終稿.jpg

      また、3月にはフェースブックにワンワールド・プロジェクトのページを開設しました。
      https://www.facebook.com/oneworldpro

      ◆収支報告
      初年度末の繰越金は98,550円でした。
      このなかから2012年3月末までに、支援物資募集チラシやカツラお手入れ支援サービスのチラシの印刷費用、タオル帽子講習会の支援費用、自宅預かりの支援物資の発送にかかる送料などとして、合計36,754円を使いました(なお、発起人およびボランティアの皆さんは全員無償で活動にあたっており、交通費を含め、手当は支給していません)。
      また昨年度中、2度にわたって、寺田がワンワールド・プロジェクトの活動内容について代表としてお話をさせていただく機会を頂戴しました。その時の講演料60,000円と、銀行利息21円をプロジェクトの収入として計上しました。
      この結果、2年度末の繰越金は121,817円となりました。これを4月以降の3年目に繰り越し、チラシ印刷費、タオル帽子講習会の支援費用、送料などとして使わせていただく予定です。

      ◆送付先病院
      支援物資をお送りした23ヵ所の病院は、下記のとおりです。

       宮城県:東北大学病院・宮城県立こども病院・仙台オープン病院・
           宮城県立がんセンター・石巻赤十字病院・公立刈田綜合病院・
           仙台医療センター・東北厚生年金病院・気仙沼市立病院
       岩手県:岩手医科大学病院・岩手県立中央病院・岩手県立宮古病院
       福島県:福島県立医科大学付属病院・福島県労災病院・坪井病院・
           竹田綜合病院・綜合磐城共立病院・星総合病院
       
       青森県:八戸市立病院
       茨城県:日立総合病院 
       山形県:米沢市立病院・山形県立中央病院・三友堂病院



      次年度(2013年4月以降) 活動予定


      3年目となる2013年4月以降は、以下の内容で活動を続ける予定です。

      ◆支援物資募集・提供の継続

      医療用カツラやケア帽子など、がん患者さん向けの支援物資を募集し、各病院へ送付します。5月20日〜24日に第七次支援物資募集を予定しているほか、11月に第八次募集を行う予定です。

      ◆カツラお手入れ支援サービスの継続
      カツラお手入れ支援サービスの周知向上につとめ、必要な方のお役に立てるように努めるほか、カツラのリユースのための問題点・ニーズの掘り起こしを行ってプロジェクトとして可能な支援を模索していきます。

      ◆タオル帽子講習会の開催支援継続
      ケア帽子の作り方を学んでいただきながら、おしゃべりができるようなサロン的集まりの開催支援を今年度後半から再び行いたいと考えています。

      ◆その他
      こうしたプロジェクトの活動内容をお知らせしたり、物資を提供した方、提供された方など、プロジェクトに関わる皆さんの情報交換に役立つことを目的に、プロジェクトのブログ更新に加えて、患者さん向け「かわら版」の発行、フェースブックページからの情報発信を継続します。



      今後とも皆さまのご協力・ご指導、どうぞよろしくお願いいたします <(_ _)>

      | 事務局よりお知らせ | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 15:44 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://oneworldpro.jugem.jp/trackback/58
        トラックバック