CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
<< 第七次募集のお知らせ ヘ(^o^)/ | main | 2年目の活動報告 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    〜3.11に寄せて〜
    0

      あれから2年が経つのですね。
      One world プロジェクトも3年目の活動を迎えようとしています。
      引き続き細々とではありますが、ウィッグや帽子を東北のがん患者さんへお届けをさせて頂いています。私は鹿児島からやれることしか出来ませんが、こちらで作ったタオル帽子や頂いたウィッグを送らせて頂きます。
      東京ではたくさんのボランティアさんが発送作業に従事してくださり、心から感謝しております。
      東北の医療機関でタオル帽子やウィッグが、医療者の皆さんと患者さんをつなぐ架橋になっているというお話も伺いました。
      一瞬のぬくもりかもしれませんが、東北にいらっしゃる治療中のがん患者さんの心がほっこりとしてくださったらいいなと思います。
      引き続き、お体にはお気を付けてお過ごしください。
      <三好綾>

      少しずつですが、活動が継続できていることに感謝しております。
      関わっていただいているボランテイアのみなさま、ご提供いただいたみなさま、関係団体のみなさま、本当にありがとうございました。
      また、ウィッグや帽子をうけとっていただいた地域の医療機関のみなさま、そしてそれを有効活用いただいている東北地方および近隣の患者さん、ありがとうございました。
      <佐治重衡>

      あの日から2年。
      傷が癒えるには決して充分な時間とは言えません。復興もまだまだ途上、先の見えないなか、がんの治療を続けておられる方、あらたにがんが見つかった方、きっとお身体のことだけでなく、精神的にも経済的にもしんどい想いをしてらっしゃる方が少なからずおいでのことと思います。
      そんな皆さんの支えになろうとスタンバっている人たちが東北各地の病院、市町村にたくさんおいでです。ワンワールド・プロジェクトを通して、私自身、そのことを知りました。
      プロジェクトがお送りしてきた全国から寄せられた支援物資を、困っていたり、気落ちしたりしてらっしゃる患者さんに少しでも笑顔を取り戻していただくきっかけ、小道具として利用して、患者さんに寄り添ってくださる医療機関の皆さん。タオル帽子作りなどを通して患者さんを支えようと地道な活動を続けてらっしゃる皆さん。
      患者さんがそうした方たちと出会い、つながることで、少しでも気持ちが軽くなりますように。
      プロジェクトにご協力くださっている全国の皆さん、ボランティアさん、日本対がん協会およびアデランスさんに、あらためてお礼を申し上げるとともに。引き続いてのご支援をお願いいたします。
      <寺田真由美>

      あの日から、もう2年。
      岩沼に今日は居ます。
      あの日、私が調剤させて頂いた方は、どうしているだろう?
      ウィッグをお渡しした方は、どうしているだろう?
      最近、良く考えます。
      一見、復興が進んでいる様に見えます。昼間は笑って、夜泣いてんだって、仰っていた方の言葉が、今改めて思い起こされます。
      仮設住宅は、そろそろ退去時期が来ているため、生活の場をまた探さなければならない方も、沢山居ます。
      だから、これからが、本当の正面場の様な気がします。
      ワンワールドを通して、これからも東北魂!で、頑張ります。
      皆さんに感謝して。
      合掌
      <北村奈央子>

      2年前の11日は病院で過ごしました。
      <一体、何が起きているのか・・・>
       
      昨年の11日はシンディローパーと東北へ向けて大合唱しました。
      <あなたが道に迷う時も きっと私が見えるはず、どんなに時が経っても>
       
      今年の11日はジャーニーと東北へ向けて大合唱しました。
      <信じることを  やめないで、自分を裏切らないで>
       
      ひとりではないということを、この活動を通じて、改めて教えて頂きました。
      世界もこの日を忘れません。合掌。
      <桜井なおみ>

      (メッセージは到着順。届き次第、さらに追加させていただきます)

      | 事務局よりお知らせ | 08:46 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 08:46 | - | - | - | - |
        コメント
        きっかけが震災ではありましたが、我々東北のおかれている状況がありありと解り、また皆様のお心遣いに本当に助けられました。今はそのココロを引き継ぎ、自施設の腫瘍センター内でのウィッグリサイクルという事業に変換中です。自立しようと足掻く我々の行動を皆様へのお返しとさせて頂きます。継続は力でありココロの継承でもあります…(笑)
        柏葉 | 2013/03/11 9:34 PM
        コメント、ありがとうございます!
        当初は今以上にウィッグに関する知識もなく、混乱のなかたくさんお送りするばかりでご迷惑もおかけしたと思いますが、先生方や師長さん始め、皆さんのお力で大切に必要な方に渡してくださって、本当にありがとうございました。東北で皆さま方が困難ななか患者さんのためにあらたに展開してくださっている事業が、他の地域で頑張ってらっしゃる皆さんにとっても参考になり、刺激になることと思います。ココロの継承、胸に刻んで、これからも継続していきますので、よろしくお願いいたします!
        寺田 | 2013/03/11 9:46 PM
        柏葉先生、コメントありがとうございます。oneworldプロジェクトをきっかけに、腫瘍センターでのウィッグリサイクルへの展開、心からうれしく思います(*^_^*)ココロをつなげてくださり、ありがとうございます!
        三好 | 2013/03/11 9:48 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://oneworldpro.jugem.jp/trackback/57
        トラックバック