CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
<< 第五次募集のお知らせ | main | 米沢・福島へ行ってきました >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    患者さんからのお礼のメッセージ
    0

      こんにちは。事務局担当、寺田です ヘ(^o^)/

      第五次支援物資の募集まで、あと2週間になりました。

         7月2日(月)〜6日(金)   です。

      重ねて、皆さまのご協力をどうぞお願いいたします。
      募集内容について詳しくは、こちらをご覧ください。
      http://oneworldpro.jugem.jp/?eid=47


      さて、今日は岩手県の病院からいただいた、支援物資を受け取られた患者さんからのメッセージをご紹介します。
      60通近いメッセージをいただき、全国からの品々が役に立ったんだなぁと読んでいて嬉しくなるとともに、あらためて大変な思いをされた方がたくさんいらっしゃるんだなぁと思いました。
      すべてをご紹介したいところですが、今回はそのなかから20通ほどを選ばせていただきました(病院・患者さんからメッセージ掲載のご了承をいただいています。なお、掲載にあたっては個人情報の保護などを理由に一部編集させていただきました)


       

      • 支援で頂いたウィッグで子どもの卒業式に出席することができました。本当に有り難うございました。

      • 昨年は大震災があり、さらに8月には自分自身がんが見つかり毎日ふさぎ込むような日々を送っていました。入院中、同部屋の人に誘われ、サロンへ行き、よく泣いたり笑ったりしたものです。その中にコットン帽子を頂くというのも楽しみの一つでした。ある時「世の中大変なのは自分だけじゃない、もっともっと大変な人はいる」と思っただけで何だか気持ち的にも軽くなり前向きに検査・治療を一つずつクリアして行こうと思えるようになりました。今後この病気が完治という事は難しいかもしれませんが、うまく付き合って行きたいですネ。

      • 乳ガンの手術をして、1年がたちました。震災の大津波により家を流失し、現在、仮設住宅で暮らしています。抗がん剤治療による脱毛は、バンダナと帽子で過ごしていましたが、今回、車の免許書類で無帽での写真が必要になりました。そこで写真撮る為、ウィッグの貸し出しをお願いしてみたところ、「ご自分の顔に合うようカット・セットして、色々な場面で使ってください」との事、お言葉に甘え、ありがたく持ち帰りました。写真を撮ることができました。本当にありがとうございました。この先大事に使わせていただきます。

      • 山口のともちゃん様
        帽子、ありがとうございます。帽子についているボタン、お気に入りです。自分でも作ってみようと思っています。

      • 苦しい治療に立ち向かう私たちへ未来への希望を与えていただいた様に思え、外出が出来るのが楽しく思えるようになりました。何時も帽子スタイルでしたが、春にむかい外出も楽しくなりふさぎこんだ気持ちが緩和されそうです。髪は女の命ですから! 大切に使わせて頂きます。有りがとうございました。有志グループの方々に宜しくお伝えくださいます様に・・・心から感謝致しております。

      • 3月11日の大震災で母を亡くし避難所生活を送りました。その後がんの告知を受け、左乳房切除し、抗がん剤治療をする予定です。病院でウィッグを頂きました。いざ毛が抜けた時も心強いし、金銭面でも大変助かります。今回被災に対して暖かい心づかいをしてくださいました事、心より感謝致します。

      • 本日、思いもかけずステキなウィッグをいただく事ができました。このウィッグをつけただけで、元気になりそうな気がして、とても、うれしく思いました。外出も、おっくうにならずにすみそうです。本当にありがとうございました。

      • 震災後、食道ガンの宣告を受け治療にはげんでおります。皆様のおかげで失った頭髪も苦にする事なく過ごせ感謝してます。ありがとうございました。

      • ガンだと言われ治療が始まりうろたえる事も心細い事も多い中でこのようにヘアーキャップ・ウィッグなど、心強い支援を得て感謝感動しています。本当にありがとうございます。

      • 本日は誠にありがとうございました。抗がん剤治療の為に髪の毛がすっかりぬけてしまい気落ちする日々でした。髪の毛がなくなるというのはとてもショックそのものです。思いがけず声をかけていただきウィッグについては興味あったものだから、サロンをたずねました。一回めで出してくれたウィッグが以前の私そのままの髪形だったので良かったの一言でした。嬉しかったです。まだ先の長―い入院生活も楽しく過ごせそうです。

      • Thank you for your tenderness. いつか私も誰かにご恩返ししたいな。大切につかわせていただきます!

      • 3月11日の津波による県内沿岸の惨状を見るにつけ自分の癌などはたいした事ではないと思うようにしていましたが、実際に抗がん剤治療が始まると頭髪が見事に抜け落ち、これから先の闘病生活を考えると心が沈んでいくので、看護師さんに相談したところ救援物資の中に医療用カツラがあったはずと案内していただき、カツラをいただきました。今では安心して外出ができ、大変有り難く感謝いたしております。

      • 今回御支援頂いたウィッグを利用させて頂く事になりました。本当にありがとうございます。まだまだ治療は続き、自由に外出する事はできませんが、ウィッグの事を紹介頂いて、まだまだ先の事と半ばあきらめかけておりました。でも試しに被らせて頂き、健康だった時の自分が思い出され、あたり前の生活がとても大切で大事と言う事があらためて思い知らされました。家族や友人、知人に支えられての毎日です。でも、一度も会った事のない方々が支えてくれ、後押ししてくれている事のありがたさ、身にしみる思いです。一日も早く完治できる事を目指し皆様のお気持ちに答えられるよう日々を送って行きたいと思います。本当に本当にありがとうございました、感謝!!

      • 乳がんの告知、それは私にとってまさかの坂を目の前に表した時でした。片方の乳房をなくし、精神的にも経済的にもWパンチでした。そうした中、抗がん剤治療が余儀なくされました。2時間かけて病院にむかう日々。そんな中、脱毛の強い味方、かつらをいただきました。大震災andガン、二つの暗い長いトンネルで光をかんじました。本当に感謝。信じられないくらいです。大事に大事に使わせていただきます。

      • 今までは「いつか髪が生えてくる!」と自分に言い聞かせ、外出の時は帽子を深くかぶり、人と目を合わせないようにしていました。今回の治療で看護士さんにもすすめられ、サロンに行きました。そこで、「いいなぁ」と思ったかつらに出合う事ができました。自分の髪が生えてくるまで、大切に使わせて頂きます。

      • 化学治療が始まり、自分の体に起こるであろう変化に不安を感じていました時、様々な方々の善意を知り、大きく励まされました。暖かな気持ちになり、感謝の気持ちと共に病気に前向きに対処し、皆様の善意に一つでも答えられる様になりたいと思っています。

      • 皆さんの愛がこもったウィッグがある。それだけで、私の気持ちは元気になっていきます。ありがとうございます。

      • 3月11日に起きた震災で、我が家は津波を免れたものの、その後起きた火災により、すべてを無くしてしまいました。避難所でのくらしが始まり、大勢での生活への不安、これからの治療への不安など色んな事を考えました。おかげさまで、なんとか予定通り最後の化学療法を受ける事が出来た日に思いがけないカツラのお話を頂きました。全国の方々から温かい言葉の綴られたお手紙とともにたくさんのカツラがありました。思ってもいなかった事でしたが、これからのくらしを考えて有り難く頂戴させて頂きました。たくさんのご支援に感謝しながら、前を向いて頑張って行きます。本当にありがとうございました。

      • ウィッグをいただきありがとうございました。入院生活の中、なかなか現実を受け止められず落ち込んでおりましたが、同室の方々に誘われてサロンに行き、その時「ワンワールドプロジェクト」を知りました。そこで多くの仲間の存在や支えられていることを実感でき、その後気持ちが前向きになっていき、病気にしっかり向き合っていこうという気持ちに変わっていきました。治療の副作用で髪は抜けましたが、ウィッグを使用することで通常の生活を送ることができていると思います。治療を受けた私にとって通常の生活を送れることがなによりの幸せです。心から感謝しております。


      あらためて、心のこもったカツラや帽子をお寄せくださった全国の皆さんに感謝!
      (メッセージ入力協力:ボランティアA・Sさん)



      | 東北からの声 | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:26 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://oneworldpro.jugem.jp/trackback/48
        トラックバック