CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
<< 各種ファイルのダウンロードはこちらから♪ | main | ボランティアスタッフ追加募集! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    被災地へ行ってきました 2
    0
      ご報告が大変遅くなりました。福島・宮城訪問記の続きです。

      6月22日に福島を訪れたあと仙台へ移動し一泊、23日は前日とうってかわって朝から土砂降りでした。

      まず、プロジェクトの発起人でもある東北大の薬剤師、北村さんと合流。別の病院に入院中の患者さんにかつらと帽子をお届けするのにご一緒しました。仙台周辺ではこうして、他の病院の患者さんからご要望があると、北村さんが車にウィッグや帽子を積んでお休みの日に届けてくださっています。ありがたいことです。その日も、連絡をくださった方にウィッグと帽子、「見学」に同席なさった方にも帽子をお渡ししました。退院してうちに帰ってから家族の手前ウィッグが欲しいと思っていたと喜んでくださいました♪

      その後、仙台駅でボランティアスタッフのAさんと合流し、東北大学へ。驚くほどたくさんのお店がならんだ「モール」に、被災地を応援するバナーが張り出されていました。

      東北大バナー

      東北大学病院には、震災後、患者サロンがオープンして、そこに支援物資を置いてくださっています。常設の患者サロンがあるなんて、うらやましい・・・!

      東北大ゆい

      在庫を置いてくださっている倉庫で、Aさんが自分がマジックで内容を書き込んだ箱を発見(笑)。スペースが限られているなか、支援物資を置いてくださっていることに改めて感謝でした。

      東北大箱

      外来化学療法センターの看護師さんにもご挨拶したあと、東北大をあとにして石巻へ。
      雨が止んで外の景色を眺められましたが、北村さんがいろいろ解説してくださいます。壁についている線まで水に浸かったんだよ、とか、道路脇の植栽が枯れているのは海水にやられたせいだよ、とか……。言われなければ気がつかないところでした。

      行きは高速を使いましたが、自衛隊や警察と思われる車両とたくさんすれ違いました。ちょうど移動の時間だからという話でしたが、ものものしい車列は、それだけで充分ここが被災地であることを感じさせました。

      やがて石巻赤十字病院に到着。よくテレビの報道にも登場している病院です。

      石巻赤十字病院

      ここにも当初、北村さんが仙台から物資を届けてくださっていましたが、5月に入って直接支援物資をお送りできるようになりました。療養支援室を訪ね、課長さんと、担当の看護係長さんにお会いしました。部屋にはお送りした支援物資やチラシが飾られていました。

      石巻カツラ・チラシ

      石巻には北村さんが乳がん患者さん用のブラも届けてくださっていました。この日は、鹿児島のNPO「あなただけの乳がんではなく」で手作りなさっているパッドも持参。

      石巻ブラ

      看護係長さんによると、津波の被害に遭われて着の身着のままで避難所にいらした方が、手術で胸を全摘したことを周囲にさとられまいと、1枚しかないブラを洗って半乾きのまま身につけ、パッドにもカビが生えて皮膚がただれていらしたそうです。お話をうかがっているだけで哀しくなりましたが、支援物資のブラをとても喜んでくださったそうで、お役に立てて良かったです。

      また、福島と同様、ウィッグや帽子をきっかけに患者さんがいろいろと胸の内を明かしてくれると言っていただきました。

      石巻赤十字病院は、被災後、周辺の医療機関がすべて津波でやられて大変な混乱状況だったと聞きます。少し落ち着きは取り戻してきたとはいえ、大変ななか、患者さんに物資を渡してくださっていること、本当に感謝です。


      帰りは高速を使わず、海に近い一般道を通って仙台に向かいました。がれきがまだ残っていました。陸に乗り上げたままの船や、泥に半分埋もれたままの車も。それらをのみ込む勢いで雑草がたくましく茂りつつある様子に、3.11から時間が経って夏に向いつつあることを感じました。少し傾いたり、壁に亀裂の入った家もたくさんありました。その2階に人が暮らしている気配があります。でも、まだ電気が戻っていない地区があるそうで、信号が消えていて、人が交通整理に立っている箇所も何カ所かありました。この状態が、はるか北、岩手まで続いているのかと思うと、暗澹たる想いでした。

      福島・宮城を訪問してから早3週間以上たちましたが、連日の猛暑、皆さん無事にお過ごしだろうかと心配になります。

      わずか2日間の旅でしたが、現地の様子を少しでも目で見て、肌で感じることができて本当に良かったです。お忙しいなかお時間をくださった皆さま、石巻まで車を飛ばしてくれた北村さんに心からお礼を申し上げます。各病院の皆さんがお忙しいなか、喜んで物資配付に協力してくださっていることを本当に嬉しく思いました。医療者の皆さんも、被災者。きっと心も体もお疲れのことと思いますが、患者さんが笑顔を取り戻してくれることが、医療者の皆さんの元気にもつながっているのだと感じます。


      その後、それまで岩手から物資を届けてくださっていた宮古病院にも、直接物資をお送りできるようになりました。
      One Worldプロジェクトで支援物資をお送りした病院をマップにまとめましたので、ご覧ください。
      http://maps.google.com/maps/ms?msid=213143371256039718000.0004a285691f738097353&msa=0

      震災から4ヵ月以上過ぎましたが、まだまだOne Wolrdプロジェクトの支援物資が必要とされています。モノを通して送る応援の気持ち、みんなでひとつにつながろう! 今、第二次支援物資募集の時期について詳細を検討中です。今後ともどうぞご協力、よろしくお願いいたします <(_ _)>

      (文面寺田。一部写真提供Aさん)

      | 東北からの声 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:05 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://oneworldpro.jugem.jp/trackback/28
        トラックバック