CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
<< 被災地へ行ってきました | main | 各種ファイルのダウンロードはこちらから♪ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    福島県立医科大からレポートを頂戴しました♪
    0
      仙台〜石巻の報告が遅れておりまして、すみません(>_<)
      このかん、すでに物資をお送りした病院から、嬉しい追加のご注文が相次ぎ、さらには新たな病院からもご要望を頂戴して、対応に追われておりました。

      そんなさなか、先日おうかがいした福島県立医科大学病院のがん看護専門看護師三浦さまより、詳細なご報告のレポートを頂戴いたしました。お忙しいなか、ありがとうございます!
      かつらを受け取られた患者さんの写真も送ってくださいました。ブログへの掲載について同意をいただけたということですので、アップさせていただきます♪

      以下、頂戴したレポートです。

       

      震災支援物資 ワンワールドプロジェクト 医療かつら・ぼうしの無料提供の感想

      福島県立医科大学付属病院臨床腫瘍センター がん看護専門看護師 三浦浅子

        福島県立医科大学付属病院では、ワンワールドプロジェクトの震災支援物資(医療用かつら、ぼうし等)を、多くのがん患者に提供するために、「かつら提供システム」を立ち上げて、予約からかつら合わせまで、患者さんひとりひとりの要望に合わせて、かつらの提供を行っています。これは、当院のニシムラ美容室にご協力をいただき、無料でかつら合わせを行い、手入れの方法まで説明を入れているので、かつら選びから整容まで行き届いたサービスになり、患者さんにも好評です。看護師や医師も積極的に患者さんに呼びかけを行っており、予約が絶える日がありません。540640個、計80個のかつらが提供できています。また、ぼうしは、ソフトぼうし2個、タオルぼうし1個を提供し、6月までに、約60%は提供できています。(外出ぼうし、冬物が残っております。)

       

      ****患者さんからの声****
      517日の第一号の患者様(当日退院の方で、に頭皮ケア・化粧のDVD、抗がん剤の副作用のDVD視聴)
       「いままでこの病気になり何もよいことがなく、そして地震で嫌になっていた。今日、自分にぴったりのかつらをいただき、とてもうれしい。今日ほどよかったと思ったことはない。今月は誕生日でかつらをプレゼントされた。」と笑顔で語っていた。また、旦那さんに電話をして、「今日プレゼントがあるから、帰ったらね。楽しみにまっていて」と、ユーモアいっぱいに話していた。退院後、旦那さんから「いいね、似合うとほめられてうれしかった。今では外出も億劫でなくなった。感謝の気持ちでいっぱいです。」と話していた。

      *今日の患者さんから(5/25展示会後に、病棟に美容師が出張、病室でかつら合わせ、カット)
      「エレベーターに乗ると視線が気になっていた。俗に「がん見」って、頭のてっぺんから下まで見られている感じがしていた。これからは、病室から出たとき颯爽としていられる。初めての外泊でかつらをしていたった。「おかあさん若くなったね。」と家族から言われた。「かつらもいいものらしく、かつらっぽいという印象がないので、うれしいです。本当にありがとうございます。ワンワールドの皆様に救われたという感じです。」(写真提供あり)

      *手術後7日目の患者(術後3日目、主治医と医学生2名が同伴でかつら合わせを行う。)
      「昨日、旦那と娘が面会に来て、かつらの姿とみて、とてもいいとほめられた。娘に家でもそうしていてよと言われた。家にいた時は、かつらも傷んでいておしゃれも面倒でマスクとぼうし姿だった。家の者もいうに言えなかったみたいで、これからは、朝いちでかつらをつけて、化粧をしてふつうにしていたいと思った。だから、病室でも、もかつらをいただいてからずーと付けている。本当にありがとうございました。」 
       

      *1泊2日の入院治療を行った患者

       ロングのかつらを要望され、5〜6個をつけてみての感想です。「自分に似合うかつらがあってうれしい。このような取り組みはとても良いことだと思っている。美容師なので、ロングを自分に似合うようにカットしていきたい。ロングがあって本当によかったと思います。ありがとうございました。」 (写真提供あり)


      福島2 福島1

       

      <がん看護専門看護師 三浦>

       どなたさまにもぴったりあっています。だから、皆様にとても喜ばれ、感謝されています。私が一番良い思いをしているかも知れません。本当に感謝申し上げます。この活動を『笑顔取り戻し作戦』と名付けて、患者さんと冗談交じりで話すことができています。かつら提供の証に、受領書の発行、デジカメ写真の提供もしており、病室にそれらを届けに行くと、感想だけではなく、抑うつ患者に寄り添いお話をうかがったり、看護師や医師に情報提供や問題提起にもつながっています。また、臨床腫瘍センターが一丸となって、かつらの整理(ロング、セミロング、ショートの区分け)、予約に問い合わせ、取り付け等に協力して行っています。報道機関も入り患者様にもよき思い出作りとなっているようです。

      <乳腺外科の医師から>

       乳がん再発で抑うつ傾向が強く病気や治療の受け入れに難渋していた患者が、次回の入院では明るくなり治療にも積極的になっていた。入院中には傾聴による精神的支援という指示を出していたが、かつらをつけたことでの心理面の変化を見て、マジックのようだと感じた。(脱毛患者にとってかつらの意義を改めて実感しているようです。)

      | 東北からの声 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:24 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://oneworldpro.jugem.jp/trackback/26
        トラックバック