CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    プロジェクト宛にいただいたお手紙から
    0

      こんばんは。事務局担当、寺田です〜。

      第三次の支援物資送付から一段落して、今、第四次以降に向けてプランを立てています。
      「モノ」をお送りする支援は細々とでも続けていく予定ですが、
      今後はより一層、心のケア、サポートに重点を置いていきたいと思っています。
      かといって、遠く離れた場所で暮らす私たちにやれることは限られているのですが……。
      ひとつ考えているのは、せっかくのこのブログをもっと活用して、
      皆さんにじゃんじゃん書き込んでいただけるトピックを作ろう!というものです。
      「川柳」のトピックと、
      もう1つ、なんでも書いていただける「独り言」コーナーのようなものを考え中。
      早ければクリスマス頃、遅くとも年明けにはオープンします♪

      その前に、今日はプロジェクト宛にいただいたお手紙を一部ご紹介します。
      支援物資と一緒に、たくさんの方が想いをつづったお手紙を添えてくださいましたが、
      なかにはワンワールド・プロジェクトや、ご協力いただいている日本対がん協会宛に
      応援します!と温かいお言葉をかけてくださっているものもたくさん。
      とてもすべてはご紹介しきれず、これでもほんの一部ですが、ここに抜粋させていただきます。

      • 新聞報道でこのプロジェクトを知りました。私は一昨年前に乳がんとわかり、抗がん剤・手術・放射線治療を受け、現在はホルモン治療を続けています。抗がん剤治療は精神的にとてもつらい治療でした。いま、被災地で治療を受け大変な思いをされている方々にぜひ、私が気持ちを明るく持つ助けとなったかつらとケア帽子を使っていただいて元気を出して欲しいです。

      • 十歳の女児用ウィッグです。記事を娘に見せたところ、「私のウィッグを送る」と申しました。娘は、自分の闘病の証しとして大切にしていましたので、再度聞きますと、「髪のない時、人に見られるのは、とても嫌だった。だから必要な人がいるのならあげる」と、また申しました。娘のウィッグが、必要とされる方の元に届き、その方に素敵な笑顔が戻ってきますことを心よりお祈りいたします。

      • 記事を読み、こういう支援こそ被災地の方への心ある支援だと感動致しました。2008年9月に子宮癌の摘出手術を受けその後6ヵ月感抗癌剤治療を受け、今現在健康を取り戻しております。どうぞお使い下さいませ。お役に立ててうれしいです。

      • 6年前に急性白血病で骨髄移植をしました。5年近く眠っていたカツラですが、このような形でお役立ていただく機会があり、感謝しております。患者さんたちに笑顔と元気が戻りますように。

      • もう十分届いているかもしれない…と思いながらも、抗ガン剤による手足のしびれ痛みでお手伝いできないもどかしい思いを抱えた私にできるせめてもの事です。カツラや帽子がなくなって悲しい思いをしていらっしゃる皆さんの為、よろしくお願いいたします。

      • 辛い治療を受けながら、被災された方々が、どんなにか心細い思いをしていらっしゃるかと思うと他人事と思えず胸がつぶれる様です。私も3年前治療を受け、その後しばらくはウィッグとケア帽子は手放せませんでした。少しでもお役に立てれば嬉しく思います。

      • 頭髪のことは気になることと思います。ウィッグを着けるだけで、自信というか、積極的にしよう!という、ちょっと前向きな気持ちになれたことを思い出しました。(中略)活動される皆さまの、そして東北の皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

      • 私自身、卵巣がんの治療を終えてからちょうど3年が経ちます。(中略)抗がん剤の治療中、一番辛かったのは髪の毛が無くなってしまった事でした。万が一の再発も考え、ウィッグを捨てずにおりました。傷んでいるところもありますが、お役に立つことができましたら幸いです。また、この様な機会が与えられたことに感謝しております。

      • 新聞を見て送らせて頂きます。2年前乳ガン手術を受けた後に使用したカツラです。(中略)一緒に送った帽子は冬に姉があんでくれたのですが、私にはサイズが大きく一度も使用していません。カツラなしでかぶってもいいようにと裏地など付けてくれたのですが…。東北は寒いでしょうから、こんなものでも使ってもらえればと思います。

      • 記事を見てウィッグと帽子を送ります。私自身、今年の初めから抗がん剤治療をしてウィッグや帽子を利用しています。(中略)3月11日は東京の病院で抗がん剤の点滴中に地震にあいました。そんな事もあり、少しでもお役に立てればと思います。

      • 新聞の広告を読みまして、送らせていただきました。自作で、さらに少しで申しわけありませんが、使っていただけたらうれしいです。(中略)患者の方々が一日でも早く良くなりますように。そして被災地の方々が普通の生活にもどられるよう願うばかりです。

      • このキャップは私が脱毛時に院内や自宅で使ったものと同じキャップです。今また脱毛を伴う治療を受けています。それでカツラは提供出来なくて申し訳ありません。少しでもお役に立てばと、ベッドの上で編みました。よろしく。

      • 私も四年前、左乳全摘し、一年間、抗癌剤や放射線による治療をしました。その時(中略)、私を明るい気分にしてくれたウィッグです。もしまた別の方に使っていただけたらと思い、お送り致します。

      • 被災地のがん患者さんが少しでも元気になれるよう、ささやかながら応援したいと思い、カツラをお送りさせて頂きました。良くなられるよう祈りを込めてシャンプーしてお手入れを致しました。

      • 2度の乳ガン、2度の抗ガン剤でお世話になったウィッグです。被災地でお役に立てますように!

      • ある方のブログでこのプロジェクトの事を知り、たくさんは送れませんが私のできる限りで送らせて頂きました。私は2年前に母を肺がんで亡くしました。あれもしてあげたかった、これもしてあげたかったと後悔ばかりで、今、闘病されている方の役に立ちたいとずっと思っていました。何をどうすれば良いかわからなかった所、偶然このプロジェクトを知り、本当に少しですががんばっておられるがん患者さんへ届けてください。みなさんの病気が早く治りますように……。

       

      次の方のように、阪神淡路大震災を経験したという方からもたくさんご支援をいただいています。

      • 私も17年前に阪神淡路大震災で被災し、その12年後乳がんに罹患しました。どちらの苦しみも体験し、(中略)東日本大震災の被災地の様子を見るにつけ、本当に心が痛み、不自由な被災生活の中で抗がん剤治療をされている方達のことを思うと何か出来ることはないかと焦燥感を感じる日々を送っていましたところ、(中略)One Worldプロジェクトのことを知り、ささやかですがウィッグとケア帽子、また未使用の乳がん用のブラを送らせて頂きました。被災地の方に何らかの形でお役立て頂ければ幸いです。


      また、がんに限らず、円形脱毛症の方や、次の方のように事故で治療された方も支援してくださいました。

      • 一昨年交通事故にあい、頭の手術を受け、退院後、4ヵ月位ウィッグを使いました。(中略)同じ思いをした者として、被災地の患者さんのお役に立てれば幸いです。

      このブログなど、ネットを通しての情報提供に頼らざるを得ないワンワールド・プロジェクトですが、ご家族など、人づてで知って、という方もたくさんおいでです。

      • 私の母も乳がんの手術を受けました。その時、何よりもつらかった事は抗がん剤による脱毛だったと云っています。この度の震災で被災された方に同じような悩みをお持ちの方がいらっしゃるのであれば、少しでもお役に立ちたいと思い、送付させていただきます。

      • 今年二月に乳がん全摘出手術を受けました。(中略)今も三週間に一度抗がん剤(ハーセプチン)点滴に通っています。(中略)東日本大震災で家・すべても失い大勢の方が亡くなられました。想像を絶する光景をテレビ画面で何度も目にし胸が苦しくなります。ただ見ているだけ、何もできない。そんな時、娘が新聞で目にした「ワンワールド・プロジェクト」。今は不用になったケア帽子。一時はどれほど私を助けてくれたことか。役目を終えてタンスの中で静かにねむっていたケア帽子が今度は東北で誰かの役に立ってもらえるなんてこれほどうれしいことはありません。

      • 昨年、乳がんを経験しました娘を通して、One Worldプロジェクト(中略)を知りました。震災の大変さに世界中が動きましたが、震災がひど過ぎて、その中にいてガンと闘っている方たちがいらっしゃることに気が回りませんでした。プロジェクトに参加できることをとてもうれしく思います。沢山あった方がよいのかと手づくりに致しました。少しでも明るい気持ちで過ごしていただきたく色目を派手にいたしました。



      個人の方以外にも、全国の患者会や帽子を作っている会の皆さん、企業の方々からもたくさんのご支援をいただいています。

      • 手持ちのタオル帽子(手作りでさまざまですが)十五枚送らせて頂きます。お役に立てれば幸いです。(がん患者・家族・遺族の会の方より)

      • 『OneWorldプロジェクト』心より支援させて頂きます。(中略)以前裁縫の仕事をしておりましたので、自分で作らせて頂きました。必要とされている方、一人でも多くの方に届きますように。

      • 東京○○病院で患者会の世話人をしております。有志でタオル帽子を作りましたのでお役立てください。仕分け・発送作業、大変だと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

      • 大阪○○病院で売店を運営しております。新聞にて、被災地のがん患者の方へのウィッグとケア帽子の支援に関する記事を読み、少しでもお役にたてれば・・・と思い、お送りさせて頂きます。

      • 新聞で知りました。私達は、日頃がん患者の脱毛用帽子を手作りして、提供しているボランティア団体です。(中略)私達にできる事として、「ウィッグ支援の輪」に参加させていただきたいと思い、お送り致します。

      • 私たちの患者会は、血液疾患に関わる病を経験している患者や家族を中心とした患者会です。(中略)会員が作製しました「タオル帽子」を寄贈したく、お届けいたします。

      • 私達は○○病院の乳腺外科の患者会の者です。岩手ホスピスの会で「タオル帽子」の講習会を開いていて、その講習会に参加した人達を中心に、希望者が集まって、年数回タオル帽子を作っています。(中略)少数ですが役立てていただけたらと思います。

      • プロジェクトのホームページを拝見し、少しでもお役に立てればと思い、社内へ呼びかけをしました。少しではございますが、一生懸命作りましたので、被災地の方へお届けいただければと思います。

      • 当院、血液内科/緩和ケア病棟へ入院されて亡くなられた患者さんの娘さんが、入院された方のためにたくさんのケア帽子を作って届けてくれています。また病棟の看護助手さんが時間のあるときに作ってくれていたケア帽子です。(中略)被災地の皆様にとってはほんの少しですが、お役に立てれば幸いです。



      また、私達ボランティアやスタッフの労をねぎらってくださる温かいお言葉も。ありがとうございます!

      • ボランティアの皆様。仕分け作業をして下さる皆さんのボランティアがなければ全国から沢山集まった物品も現地にお届けすることが出来ません。ありがとうございます。



      皆さま、本当にありがとうございます。全国の皆さまに背中を押していただいている思いです。
      これからもどうぞよろしくお願いいたします!

      | 全国からの声 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |