CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
『One world プロジェクト』とは
◆支援物資をご提供下さる方へ◆
日本対がん協会の場所を借りての大規模募集は終了しましたが、今もご寄付は受け付けています。
カツラ・帽子等をご寄付下さる方は
1WPro2011★gmail.com
までお問い合わせ下さい。
(★を@に置き換えて下さい)
◆第九次★最終★募集要項はこちら◆
◆お手入れ方法のチラシはこちら◆


★OneWorldかわら版★はこちら

2011年4月11日、東日本大震災の被災地のがん患者さん向けに、カツラや帽子、乳がん患者さん用ブラなどを届けようと、有志6人を発起人に始めたプロジェクトです。全国から寄せられた支援物資を東北の各病院にお送りし、それぞれの相談支援センター、患者サロンなどを通して、患者さんに手渡ししていただいています。発起人について詳しくは「Profile」をご覧ください。
PROFILE
チラシ類のダウンロード
プロジェクトの紹介チラシ、カツラのお手入れ方法をまとめたチラシなど、各種PDFファイルをご希望の方は、◆こちら◆ からダウンロードしてください。
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
PR

One world プロジェクト

〜東北のがん患者さんにケア用品を届けよう〜
東北のがん患者さんに、医療用のカツラやケア帽子を届けるプロジェクト。乳がんサバイバー、医療者の有志6名で立ち上げ、たくさんのご支援を受けて頂いたケア用品を被災地へ発送しています。
3.11特別ラジオ番組
0
    こんにちは、寺田です ヘ(^o^)/
    4度目の3.11が来週に迫りました。

    OneWorldプロジェクトでは、3月11日にあわせて、
    これまでにいただいた寄付金を使って、
    昨年末の年末プロジェクトの時にもお願いした
    医療向けのつけ毛を購入し、
    沿岸地区・福島県下の病院を中心に送付する予定です。

    今日は、もう一つお知らせがあります。
    このたび、
    3月11日にラジオで放送される
    「KIZUNA station」
    という特別番組の取材を受けました。

    この番組は、震災以降、鎮魂と復興への願いを込めて、
    全国のコミュニティFMで何度か放送されている番組だそうで、
    今年は岩手県宮古市からの公開生放送をふくめ、
    およそ4時間にわたって放送されるそうです。

    今年のホームページはこちら。

    http://musicbird.jp/cfm/program/

    そのなかで、15時15分ごろから、およそ10分間にわたって、
    OneWorldプロジェクトが取り上げられます。
    いや、正確には、
    アデランスさんのご協力で実施している「カツラお手入れ支援サービス」が、
    震災にたいする企業のCSR活動として取り上げられます。

    ぶっちゃけ、すでに収録は終わったのですが、
    10分しかないなかで、

    福島県立医科大学付属病院の看護師・三浦先生もお出になるというし、
    こちらの持ち時間は3分程度。
    言いたいことをどう詰め込むか、寺田、とっても悩んで
    何度も原稿メモに手を入れました(^_^;

    結果、言いたいことはかなり言えたのですが、
    「これまでに送付したウィッグと帽子の数」を最後に言おうと思っていたら、
    その段落に進む前に次の質問をふられてしまいました(笑)
    「数」が言えないだけだったら、別にいいのですが、
    そのなかで
    「帽子は大部分が手作りで」というフレーズを入れていたのに、
    読めずに終わってしまったのが、心残りです。

    番組は、インターネットラジオでも視聴できます。
    いくつかこの番組を流すインターネットラジオ局があるようですが、

    エフエム世田谷もそのひとつです。
    (回し者ではありません、視聴者数が大きくて安定していそうなのでご紹介w)
    こちらのページでボタンをクリックすると、視聴できます。

    http://fmsetagaya.com/

    本番で流れる内容がどんな風に編集されるかちょっとドキドキですし、
    これだけ?ってぐらいあっさり終わっちゃうかもですが、
    プロジェクトの立ち上げ時からこれまでを振り返りつつ、
    お世話になった皆さん、ご協力くださった全国の方々、
    現地の各病院で受け入れてくださった皆さん、
    出会った患者さん、メールをくださった患者さん、
    皆さんへの気持ちだけは目一杯こめましたので、
    もしお時間ありましたらお聞きになってみてください。

    4度目の3月11日、
    東北の皆さんは、さまざまな想いで、
    さまざまなご苦労を抱えながら迎えられることと思います。
    ささやかなことしかできませんが、
    OneWorldプロジェクトはこれからも、皆さんを応援しつづけます。




     
    | メディア掲載 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ノバルティス・ファーマ「あなたの『生きる』を支えるひとびと」に記事掲載
    0

      1年目をすぎて、なんだかまたあちこち揺れていますね。困ったもんです。

      ノバルティス・ファーマの掲題のコーナーに、
      ワンワールド・プロジェクトの呼びかけ人である北村さんと、
      石巻赤十字病院の看護師・佐藤さんのインタビュー記事が掲載されています。
      ワンワールドからの支援物資の写真も。

      ぜひご覧ください。
      http://www.novartisoncology.jp/material/sasaeru.html


      以下、本文より。

      北村さん
      「カツラは、治療が終わるまでの間、その人らしさを保持するためのもの。使い続けるのではなく、『もうこれは要らない!』と、次の自分に進むために手放してほしい。髪の毛を変えることで気持ちの切り替えにもなる。同じところに立ち止まっていてほしくはないので、あくまでもレンタルで、要らなくなったら返してもらおうと考えていました」


      佐藤さん
      「実際、カツラや下着を手にした患者さんたちは、喜んで帰っていった。「患者さんの喜ぶ姿を、自分一人で独占して申し訳ない」と思うほどだった。療養支援室で相談を受けるとき、佐藤さんはいつも、患者さんが部屋から出て行く後ろ姿を見るようにしている。扉を開けて入ってくるときに比べて、元気になっているか、気持ちが落ち着いているかを見るためだ。「試してもいいですか?」とブラジャーをつけてみた患者さん、自分に合うカツラを選んで鏡を覗き込んだ患者さんは、だんだん背筋が伸び、最後には「このまま帰りますね」と、笑顔で帰っていくという。その後ろ姿は「ピッと背筋が伸びているんです」。


      ありがたいお言葉です。
       

      | メディア掲載 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      東京地婦連の機関誌に掲載されました
      0
         東京地婦連の機関誌「婦人時報」で、OneWorldプロジェクトが紹介されました!
        ありがとうございました。

        以下のリンク先の「機関誌『婦人時報』」のページからご覧ください。
        http://www.chifuren.gr.jp/tokyo/

        (寺田筆)
        | メディア掲載 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        宮城の地元紙・河北新報で紹介されました
        0
           宮城県内で広く読まれている河北新報の5/23付け夕刊トップで、OneWorldプロジェクトについての記事が掲載されました。より多くの患者さんに情報が行き渡りますように!

          http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110523t13029.htm
          | メディア掲載 | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ピンクリボンフェスティバル公式サイトのトピックスに掲載されました
          0
             乳がんの早期発見活動をしている『ピンクリボンフェスティバル』の
            公式ホームページの、トピックス欄にプロジェクトを紹介して頂きました。

            詳しくは、こちらをご覧ください。
            http://www.pinkribbonfestival.jp/topics/index.html#20110418_2

            ご協力、ありがとうございます
            | メディア掲載 | 21:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ■One world プロジェクト メディア掲載等について
            0
              ●TBSニュース 4月18日放送

              被災地でがんと闘う患者に、がんを体験した仲間ならではの視点で選ばれた
              ウイッグなどの贈り物が届けられることになりました。

               被災地のがん患者へ送られたのは、抗がん剤で脱毛した患者向けの
              ウイッグ=かつらや、帽子、乳がん患者用下着、リンパ浮腫用のストッ
              キングなど1000点余りで、17日、ボランティアらによって梱包・発送
              作業が行われました。

               小児がんの子供用のウイッグや寒い思いをしないための寝る時用
              の帽子など、がん体験者ならではの支援物資となっています。

               「下着類は『待っています』と言い出しにくい。同じがん患者の視点で
              送るので、喜ばれるのでは」(ボランティアの乳がん体験者)

               「ウイッグがないことで外出できなかったり、避難所にいられない、
              そのあたりを皆の気持ちでケアしたい」(スタッフで乳がん体験者)

               「何が必要なのか分かっている人(がん体験者)なので、必要な物を
              送る態勢ができた」(スタッフで乳がん専門医)

               ウイッグなどは、岩手、宮城、福島の3つの病院に送られて、必要な
              患者に配られることになっていて、主催者は今後も、患者のニーズに
              あったものを随時、送りたいとしています。(18日06:11)

              ●読売新聞 4月17日掲載

              「がん患者に帽子を」患者会など被災地へ…第1便発送
               抗がん剤治療の副作用で髪が抜けた頭を覆うカツラや毛糸の帽子などを被災地のがん患者に届ける活動を患者会有志や医師が進めている。
               きょう17日、寄付で集まった第1便が、東京から仙台市、盛岡市、福島県いわき市の病院に発送される。
               活動の中心はがん患者の社会参加を促すNPO法人理事長の桜井なおみさんら、乳がん患者3人と、埼玉医科大国際医療センターの佐治重衡准教授ら医師2人。桜井さんが、東北大病院の薬剤師・北村奈央子さんから「がん患者用の生活用品がなく、困っている」と聞いたのが発端。ツイッターで寄付を呼びかけ、約80人分のカツラ、約600人分の帽子などが集まった。
               桜井さんは「がん経験者も被災地の力になりたいという思いを持っている。思いがつながるといい」と話す。第2便以降も予定しており、寄付の呼びかけを続ける。問い合わせは、「ワン・ワールド・プロジェクト」(メールアドレス 
              1WPro2011@gmail.com
              | メディア掲載 | 10:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |